【清水 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:ここで足踏みしないことが大事! 3連勝を実現するのに必要なこととは?

2016年6月18日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------
【写真】前節2得点をあげた村田が、再び今節で大きな仕事をしてくれるのか

大前元紀が負傷離脱して心配された前節は、横浜FCに3-0で快勝した清水。今季初のホーム連勝(ホーム3勝目)を記録し、アイスタ2連戦となる今節は、2年ぶりの3連勝に向けて3回目のチャレンジとなります。
ここ4試合負けなし(3勝1分)の清水は、その間に13得点/1失点という圧倒的な数字を残していて、総得点、得失点差とも単独首位に立ちました。チーム順位こそまだプレーオフ圏外の7位ですが、上昇気流をつかみつつあることは間違いありません。だからこそ、ここで3連勝することは本当に大事。前半戦はあと3試合で、8位・千葉、9位・山口、2位・岡山と戦うので、今節で3連勝することができれば、4連勝、5連勝と波に乗って上位との差を詰めた状況で後半戦に折り返せる可能性も高まってきます。
というわけで、ここで足踏みをしないためのポイントについて、今回は考えてみたいと思います。

まず攻撃についてですが、横浜FC戦に関しては、大前不在の穴はあまり感じられませんでした。連戦の疲労や暑さで動きが重かった面はありましたが、先制点の場面ではDFラインからスタートして16本のパスがつながり、右MFの枝村匠馬の左足シュートに結びつけています。ゆっくりとしたパス回しから一気にテンポアップして左サイドの裏を突いたこと、ゴール前に十分な人数が入っていたこと、パスの精度など、小林伸二監督が目指している得点の形というのが現実になった非常に価値ある1点でした。
そのパス回しの中心となり、最後のところでアシストもした河井陽介は、「金子(翔太)が新しく入って、いつもと少し違う感じだったけど、冷静に対応できたと思うし、ああいう感じで慌てずにパスを回していけばチャンスも来るというのは、みんなわかったと思います。(大前)元紀がいない分、みんなやらなきゃという意識もあったし、いろんな選手がボールに絡んで、それが良い方向に出たかなと思います」と話しています。
これまでは大前に頼って必要以上に彼にボールが集まる面も見られましたが、今は相手から見れば的を絞りにくくなっているという良い面も出ています。その大前に代わって鄭大世とコンビを組んだ金子翔太は、こう語っています。
「試合前に元紀くんから『頑張れよ』ってLINEをもらって、試合後は『守備の選手かよ』って(笑)。守備は頑張っていたけど、攻撃の選手なんだから、もっと攻撃で持ち味を出さないという感じのことを言ってもらいました。でも、元紀くんと同じことはできないので、とりあえず走り回って前線からボールを追いかけようと。守備で頑張ると、攻撃もうまくいくと思うし、自分でボールを奪って、そこから攻撃に結びつく場面もあったので、それを続けながらもっとシュートを狙っていけるようにしたいです。あと、後ろがしっかり守ってくれるので、やっていて安心感があります」

そのように前線の選手も頼もしく感じてる守備については、押し込まれる時間帯でも4バックとGK杉山力裕を中心にしっかりと耐え切れていることと、セットプレーの守備が安定してきたことが、失点の減少につながっています。
ただ、千葉はこれまでの相手よりもパスを回すのがかなりうまいチームなので、気温が高くなってきた中で押し込まれる時間が長くなりすぎると危険です。したがって、ここ3試合よりも自分たちがボールを持つ時間を長くすることも大切なはず。「ボールを持つときは慌てずにしっかりキープして、持たせるときは全体をコンパクトに保ってスペース与えないこと。そのへんをみんなで意思統一して、しっかりメリハリをつけることが大事だと思います」とセンターバックの犬飼智也も語っています。
セットプレーの守備に関しては、全員が自陣に下がって、CKではスペースマーク(ストーン)を2枚置いていることが効いているようです。ただ、小林監督は「相手もうちがこういう守り方をしているというのはわかってきたので、いろいろ攻め方を工夫してくると思います。それに臨機応変に対応できるかどうかというのがポイントになります」と警戒感を強めています。そのへんの“応用力”というのは、あまり得意分野ではないので、そこもチームの成長を見守るうえでは注目点となるはずです。

今節も守備の安定感を維持して失点0に抑えれば、負けることはありません。そのうえで横浜FC戦以上にパスを回す時間を増やし、相手陣内でテンポアップしてシュートまで行く場面を増やせるか。そして最後のところを決めきれるかどうか。そのへんが3連勝のための大きなポイントになりそうです。
いちばん大事で、いちばん難しい最後の決めきるという部分では、前節に村田和哉が2得点という素晴らしい働きを見せてくれました。これまでアシストのイメージが強かった村田ですが、「元紀から『攻撃は和哉に引っぱってほしい』とメールをもらっていたし、自分がゴールを決めて皆さんにすごく喜んでもらって、ああいうゴールの味を知ったら、ますますシュートへの意識は高くなりますね」と、今はゴールを貪欲に狙っていく意識を非常に高めています。
今節は、その村田が再び大きな仕事をしてくれるのか、あるいは若手の起用で守備の負担が減った鄭が自分の仕事を果たすのか、金子や白崎凌兵、北川航也、石毛秀樹といった若い選手が結果を出してアピールするのか。ホームで勝てそうな雰囲気が強くなってきて、どこからでも点が取れる雰囲気も出てきているだけに、不安よりも楽しみな要素のほうが多い試合となるのは間違いなさそうです。

文:前島芳雄(清水担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
6月19日(日)18:00KO アイスタ
清水エスパルス vs ジェフユナイテッド千葉
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報