【北九州 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:東京V戦は小倉北区民デー。同区出身の池元友樹、「どんな形でも」とゴール目指す。

2016年7月2日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

7月3日の東京V戦は小倉北区民感謝デー。小倉北区出身の池元友樹(写真)が「初めて試合に観に来る方もいると思う。一緒に戦ってほしい」と呼びかけた。

池元は前回のホームゲームだった第18節金沢戦で今季初ゴールを挙げた。川島大地、星原健太と繋いで送られたクロスを原一樹がフリックオン。それに反応してゴール前の好位置にポジションを取った池元が決め、最下位脱出となる貴重な勝ち越し点となった。最近はゲームに出たり出られなかったりと個人としても苦しい状況が続くが、「一番求められているのはゴール」と話し、黙々と練習に打ち込んでいる。

コンビを組むFWも原や小松塁だったりと出場試合のたびに変わり、動きにも多少の変化は必要となるものの、「どんな形でもいいからゴールを決めたい」とゴールを見据えたプレーをすること自体に変わりはない。そして、実は試合日7月3日は息子の4歳の誕生日。「翌日が幼稚園だから来れるかどうかは分からない」が、ゴールに向かうパパの足に勇気を与えてくれそうだ。

さて、小倉北区民感謝デーでは、北九州市小倉北区に在住、在勤していることが証明できればスタジアムのB席かC席のチケットを無料で引き替えることができる。池元は「この状況でなかなか難しいですが、僕たちも一生懸命頑張るので、一緒に戦ってくれれば力になります」と話す。来春には小倉北区に新スタジアムが竣工する。名物の小倉祇園太鼓の実演もあるということなので、太鼓の音色とともに北区民総出で、地元が生んだストライカーを応援したい。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月3日(日)18:00KO 本城
ギラヴァンツ北九州 vs 東京ヴェルディ

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報