【福島 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:今年もやってきた会津開催!負け無しの地で復活なるか、金功青

2016年7月15日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

福島は福島市のとうほう・みんなのスタジアムをホームスタジアムとしているが、年に1回、会津若松市の会津総合運動公園あいづ陸上競技場で明治安田生命J3リーグ戦開催を行っている。会津地方のサッカーファンにとってはJリーグの試合を観戦できる年に一度の貴重な機会だ。過去2回の開催では福島の1勝1分けと負けが無い縁起の良い会場だ。いつもとうスタに足を運んでいる皆様も、会津地方にお住まいの皆様も、ぜひともあいづ陸上競技場へ足をお運びいただきたい。

現在暫定11位の福島は厳しい状況にある。主将の石堂和人、ブラジル国籍のストライカー・ロドリゴが長期離脱中と攻撃の選手に負傷者が多い。さらには前節鹿児島戦で退場の茂木弘人も出場停止だ。

しかし、頼もしい男が帰ってきた。背番号10金功青だ。精度の高いパスで決定機を作り出し、プレースキックで直接ゴールも狙える。5月1日第7節鹿児島戦での出場を最後に長らく負傷離脱が続いていたが、前節ついにベンチ入りを果たした。

負傷前の第6節藤枝戦では直接フリーキックで今季初ゴールを決めながら、終盤PKを決められ引き分けた。「今年は守備から入ることを意識していますが、追いつかれたのは2点目を取れなかったからなので、攻撃の面でもう少し組み立てをしたいですね」。この試合は福島にとって厳しいPK判定のあった試合だったが、金功青はあくまで2点目が取れなかったことを悔やんでいた。

先制しながら2点目を取れずに苦しむ展開はここ数試合も続いている。ここはやはり金功青による攻撃の組み立てに期待をしたい。会津の地で完全復活なるか。福島サポーターは金功青の活躍を待ち望んでいる。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
7月16日(土)15:00KO あいづ
福島ユナイテッドFC vs カターレ富山
会津総合運動公園あいづ陸上競技場(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (-)
臨場感 (3.0)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.0)
グルメ (5.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集