【大宮 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:金澤慎が“残留”の先に見据えるもの

2016年9月16日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

前節・広島戦(1○0)の勝利によって、大宮のJ1残留は決定した。6試合を残しての残留決定は過去最速、さらに勝点も『43』に延ばして過去最高勝点である『45』の更新に迫っている。J2降格を経て迎えた2年ぶりのJ1で、大宮が成長を示しながら戦えていることの証左だろう。

チーム生え抜きの金澤慎(写真)は残留決定について問われ「早いですね」と笑い、「いまはチームが渋谷さんの掲げるサッカーをしっかりできていて、さらに目標達成(勝点48)というのが近付いてきている。そこを目指してできているからなのかなと思う」と手ごたえを語る。その上で、今季の目標が「残留」に設定されていないことが好調の要因だと分析した。

「今季は本当に残留のことがほとんど頭になかった。今季のチームなら上を目指せるとずっと考えていた。そういった意味では今までとは随分違った気持ちでシーズンを戦えていると思う」

もちろん、今季だけの現象で終わらせるつもりはない。クラブの、そしてチームのポテンシャルを考えれば、もっと上を目指せるという確かな感触もある。

「まず残留を目指すのではなく、何位以上とかACLとか、そういうことを口にして目標に掲げることが当たり前のチームになっていかないといけない。今季のように1年間、残留争いを気にせず戦えたのはチームとして初めての経験。一つ経験はできたので、毎年残留を考えずにやっていけるだけの結果を残していくようになりたいし、ならないといけない」

まずは17日の川崎F戦。年間順位と2ndステージのトップに立つ強豪を相手に、自分たちの積み上げてきたものを証明する。

文:片村光博(大宮担当)


明治安田生命J1リーグ 2nd 第12節
9月17日(土)18:00KO 熊谷陸
大宮アルディージャ vs 川崎フロンターレ
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (3.0)
臨場感 (2.3)
アクセス (2.0)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報