【G大23 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:心強きホーム・吹田で、4試合ぶりの白星を!

2016年9月17日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

天皇杯による中断明け、約1ヶ月ぶりのJ3リーグとなった前節の長野パルセイロ戦は、今季のJ3リーグでは最大の点差をつけられて敗戦。後半戦を3連勝でスタートを切ったG大阪U-23がここにきて3戦勝ちなしと苦しい状況が続いている。その長野戦はケガから復帰のDF岩下敬輔や、今ひとつ調子のあがらないFWパトリックが今季J3リーグに初めて登場するなど、本来であればトップチームでプレーする選手を起用したのに加え、U-19日本代表選手もチームに合流したばかりとあって、「ギクシャクした90分だった」と實好礼忠監督。「U-19の合宿明けの選手、ケガから復帰した選手、今回初めて合流した選手など、様々なコンディションの選手がいる中でうまくあわせることができなかった。今後はチームとしてしっかりやっていきたい」と言葉を続けた。

その一戦から1週間。今節はホームの地で2位を走る鹿児島ユナイテッドFCを迎える。アウェイでの同カードでは、DF野田裕喜(写真)の今季初ゴールで先制したものの、前半終了間際に追いつかれると、後半は更に2点を失って3-1で敗戦。その野田も「自分の得点より3失点が悔しい」と振り返ったが、その経験を糧に久しぶりのホーム戦で快勝といきたい。ちなみに今節は市立吹田サッカースタジアムでの一戦となり、J3リーグを戦うのは7試合目だが、過去6試合の成績は3勝2分1敗と殆ど負けていない。その心強いホームの地で、4試合ぶりの白星を奪い、流れを取り戻したい。

注目は、先に名前を挙げた野田。前節は後半からの出場となったものの、今季のJ3リーグにはセンターバックとしては最多の18試合に出場。守備のリーダーとして存在感を示している。これまで若い世代の代表にも名を連ねてきた野田だが、8月末に行われたU-19日本代表のフランス&UAE遠征メンバーからは漏れる結果に。それを踏まえても本人もJ3の場でしっかりアピールを続け、結果を残さなければいけないという思いも強い。また、その責任感を考えればこそ、前節の今季最多の4失点という結果にも悔しい思いを募らせているはずだ。それらの思いの全てを今節、鹿児島ユナイテッドFCにぶつけて欲しい。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
9月18日(日)17:00KO 吹田S
ガンバ大阪U-23 vs 鹿児島ユナイテッドFC
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報