【群馬 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:Jの絆。群馬・高瀬優孝が、松本・田中隼磨から学んだこと

2016年10月1日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------


J2トップのクロス数を誇る左サイドバックだ。今季、大宮から期限付き移籍で群馬へ加入。開幕からスタメンとして出場すると、圧倒的なスプリント力と左足の高速クロスを駆使してフル稼働している。

高瀬にとって忘れられないゲームがある。それは前々節の松本山雅戦だ。高瀬は、左サイドで松本の右ワイド田中隼磨とマッチアップ。1−1のドローとなったゲームで、攻撃の先手を取るべく激しいアップダウンを繰り返した。

高瀬は「田中隼磨さんは、切り替えの部分で手を抜くことがまったくなくて、ついていくのが精一杯でした。あんなに走る選手を初めてみました。同じサイドの選手として、多くを学ばせてもらいました」と振り返る。

攻守がめまぐるしく変わるゲーム終盤、高瀬は足がつってピッチを退くことになった。チーム屈指の運動量を誇る高瀬としては、珍しいことだった。それは松本戦がいかに厳しいものだったかを物語っている。

試合後、高瀬は田中と言葉をかわす機会に恵まれたという。今週の練習後、高瀬がその内容について話してくれた。

「試合が終わったあとに田中隼磨さんからポジショングやタイミングについてアドバイスをもらいました。本当にうれしかったです。でも最後に『サイドバックは足がつっちゃいけない』って言われてしまいました(笑)。恥ずかしかったです・・・」(高瀬)

今季プロ16年目のベテラン田中は、シーズン中盤に網膜剥離で離脱し、群馬戦は復帰2戦目だった。そんな状況でもプレーヤーとして完璧なパフォーマンスをみせるのは、まさにプロフェッショナル。そして、他チームの若手にアドバイスを送る寛大なハートを持ち合わせている。

先輩から金言を受けた高瀬は「田中隼磨さんとマッチアップしたことで、自分にはまだまだ足りない部分があることを教えてもらいました。これから、少しでも近づけるように努力していきたいです」と、自らに言い聞かせる。

先輩から後輩へ。チームの枠を越えた「Jの絆」。高瀬は、田中から受けた言葉を胸に、左サイドを走り続ける。そして、田中から受けた“バトン”を次世代へつないでいかなければいけない。

文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J2リーグ 第34節
10月2日(日)13:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs ジェフユナイテッド千葉
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報