【徳島 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:「まだまだ上を目指していくという気持ちをサポーターに届けたい」(佐藤晃大)

2016年10月22日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------


前節・山口戦(●1-2)では立ち上がりから佐藤晃大を中心とした前線からのプレッシャーが効果的で、いい流れから幸先良く広瀬陸斗が先制点を挙げた。その後も前半は相手に思うようなプレーをさせることなくアグレッシブな戦い。しかし、終わってみれば終盤に2失点を許して敗戦。内容や状況は違えど、開幕戦で千葉と対戦した時の嫌な記憶がフラッシュバックした。その試合では、新生・徳島ヴォルティスと十分に呼べるアグレッシブな戦いでセットプレーの流れから冨田大介が先制。だが、今季初勝利を開幕戦で挙げられるかと思われた矢先、後半アディショナルタイムに2失点を許して逆転負け。悪夢だった。

今節・千葉戦は前回対戦の悔しさを晴らすとともに、前節・山口戦での嫌な記憶を払拭するような試合であってほしい。注目の1つは2シャドーの一角。今節は後半戦に入り好調の大﨑淳矢が累積警告で出場停止。今季の組み合わせを振り返れば木村祐志、山﨑凌吾の組み合わせが順当か。だが、攻撃センス抜群の前川大河もスタメンで見てみたい。


今節は千葉側でもCB若狭大志が出場停止。代わって入るCBも含め、最終ラインにこれまで出場機会の少なかった若手選手が起用される可能性もあるという情報を目にした。もし、その情報が正しければ前々節・讃岐戦(△0-0)と似たような状況。讃岐は守備陣のスクランブルにより、本職はボランチの2選手が両CBを務めた。攻撃面ではスムーズなビルドアップが効果を発揮したが、守備面は盤石というわけではなかった。しかし、徳島は守備ブロックを作る相手に攻め込みながらも得点を挙げることができなかった。当然、選手層の厚い千葉は別のポジションから選手がコンバートされるわけではなく、守備重視のサッカーをするわけでもない。だが、不慣れな組み合わせで最終ラインを任される可能性があるという意味では同じ。今度こそ、しっかりとゴールを奪って勝ち切って欲しい。


注目選手は佐藤晃大。今週の練習でも佐藤にボールが入ればテンポよくボールが動き、守備面でも存在感を見せていた。明日(10/22)、佐藤は30歳の誕生日を迎える。09年に大卒ルーキーとして徳島でプロ生活をスタートさせた佐藤が、今では「チームを引っ張っていかなければいけない」と責任感を言葉にする頼もしい選手になった。G大阪を経て、昨季から徳島に戻ってきた佐藤はケガやコンディションの影響もあって、この2年間では自身が思うベストパフォーマンスの試合は未だできていないだろう。だが、「いい30代になるように変わらずに努力していきたい」と続けることの大切さを言葉にする。そして、「難しい状況にはなりましたが、チームとして下を向かずに残りのどの試合も勝点3を目指していきたい」、「強いチームにしっかり勝って、まだまだ上を目指していくという気持ちをサポーターに届けたい」と千葉戦に向けて勝ちたいという気持ちを聞かせてくれた。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第37節
10月23日(日)18:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ジェフユナイテッド千葉
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報