【札幌 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:昇格争いと残留争いと

2016年11月2日(水)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

11月最初の試合である。北海道は最高気温が一桁という日も出てきて、ここ最近は毎回書いている気もするが、非常に寒くなってきた。雪が完全に積もったりする真冬は気温が氷点下になったりして、もちろん極寒ではあるのだが、この10月、11月あたりというのは外出時にまだまだ完全装備での防寒にはなっていないため、そうした意味では準備万端で外出する真冬よりも体が冷えることもあるわけで。ちなみに、この試合の会場は当初予定されていた札幌厚別公園競技場から札幌ドームへと変更されているため、観戦時の防寒の心配は不要だが、間違えて厚別競技場へ向かわないようにご注意いただきたい。

さて、そんななかで前節、札幌が熊本に敗戦して今シーズン初の連敗を喫した。連敗と書くとネガティブな感もあるが、ここまで連敗がなかったことに逆に賛辞を贈りたい気にもなる。

連敗を喫したとはいえまだ首位だし、そして過去も振り返りたい。前回昇格を果たした2011年は10月に、前々回昇格の2007年は9月にそれぞれ3連敗を喫しており、あらためて言うまでもなく、苦しい時期というのは必ずどこかでやってくるもの。僭越ながら申し上げさせていただけば、連勝をしていた時期だって必ずしも相手チームを圧倒して勝ちまくっていたわけではなく、どちらかと言えば押し込まれていた試合のほうが多かったような気もするので、難しいとは思うが、あまり重く捉えずにとにかく元気に力を出しきって欲しいと無責任ながら思う次第である。

ただし、前述した過去の昇格時と今シーズンとの大きな違いを敢えて記すならば、J3が発足し、それに伴ってJ2にも残留争いが生まれた部分である。それこそ札幌が連敗した東京V、熊本はともに残留争いに身を置いているチーム。昇格争いをしているチームのモチベーションが高いことは間違いないが、それを上回る勢いでハイテンションのゲームを仕掛けてくるため、そりゃあ難しい試合にもなる。

この試合で札幌と対戦する讃岐も現在19位。前節は相手の18本に対して僅か2本というシュート数で町田に1-0のスコアでタフに勝利しており、生き残りをかけて上位チームを食うモチベーションはよりいっそう高まっているはずだ。

札幌がここで悪い流れを食い止めるのか、はたまた讃岐が前節のように鋭く相手の足元をすくうのか。想像しただけでも興味深く、楽しみな試合である。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J2リーグ 第39節
11月3日(木)14:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs カマタマーレ讃岐
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報