J1昇格プレーオフ 準決勝直前!京都 監督・選手コメント

2016年11月26日(土)

●石丸清隆監督:
「今から(戦い方などを)変えたりとか、どのチームもやらないと思いますので、これまで自分たちがやってきたことをもう一回全員で、それで戦っていこうという話は、選手にはしました。レギュレーションの観方としたら、負けているというか、始めから不利な状況でやるというのはありますので、自分としては、積極的にやりやすい……、というのも変ですけど、そういう方向性で選手には伝えやすいシチュエーションではあると思いますけど。逆に、セレッソさんの方が難しい可能性も出てきますので。
(最終節の長崎戦で、堀米選手抜きで戦い、勝てたのは)誰が出てもそん色ない様な形に持って行けたのはプレーオフ前の大きい好材料だと思うんです。そのポジションで出た選手(山瀬功治)が点を取ってくれたのはチームにとっても勢いつくし。常に準備をしてくれている功治というのはチームにとっても大きな存在だと思います。
さっき言った様に、僕らが不利な状況なので、始めから、いつもよりは厳しい状況でやらなくてはいけないというのを理解してやっていくということです。ただし、自分たちから崩れて相手にプレゼントする様な形はもったいないですから。しっかりいい準備して、後は、(気持ちが)入り込み過ぎない様にと、疲労を持って入らないこと。頭の疲れが体の疲れにも出て来ると思うのでね、そこをしっかりやらないと」

●エスクデロ・競飛王選手:
「まだ準決勝なので……、目指しているのはJ1だし、いつもの戦い方で勝つことだけを考えてやっていきたいですね。セレッソも『引分けでいいから』と負けないサッカーをする訳ではないと思うので、準決勝らしい、どちらも勝ちに行く試合ができると思うので、そういった意味では、観ている人が緊迫感を感じる試合になると思うし、そういう試合に出られることに幸せを感じてやっていきたいですね。幸い、……って言ったらおかしいですけど(笑)、アウェイではどこのスタジアム行ってもいい試合出来ているので、それは僕らにとってはプラスだし、そういうのをしっかり出して、勝てる様にやっていきたいです」

●吉野恭平選手:
「自動昇格はダメでしたけど、まだ昇格できるチャンスはありますし。『J1に上げるために来た』と言ったし、その責任は本当に感じていたので、ちょっとホッとしている部分はありますが、本当の戦いはこれからなので、本当に人生かけて、チームをJ1に上げられる様に頑張りたいです。(シーズンの終盤ごろから)迷いなくプレーできているし、本当にそこが一番でかいと思います。周りも、慣れてきたというのもあるんですけど、自分自身が本当に、躊躇なく攻撃においても守備においても思い切りやらせてもらえているというのが、今調子よくプレーできている要因かなと思います」

●アンドレイ選手:
「シーズン序盤から昇格を目指し、先ずは自動昇格を目指していた訳ですけど、それは叶いませんでしたが、まだプレーオフという昇格できるチャンスがあるので、それを本当にこれから掴みに行くだけだと思います。(セレッソについては)やる時にはいつも、簡単ではないというイメージがあります。でも、あちらにもクオリティの高い選手がいたとしても、こちらにもいますからね。本当に質の高い試合になると思いますけど、そういう相手と出来るのは本当に面白いですし、自分たちが上に上がるためにもしっかりと良いゲームをして勝ち上がって行こうというイメージがあります」

■合わせてウォーミングアップコラムもどうぞ。
京都⇒冬の桜を凍らせ散らせ! 金鳥で、京都、全力で勝ちに行くっ!


J1昇格プレーオフ 準決勝
11月27日(日)15:30KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs 京都サンガF.C.

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報