J1昇格プレーオフ決勝 直前!C大阪 監督・選手コメント

2016年12月3日(土)

■大熊清監督
「(J1昇格プレーオフ決勝を目前に控えて)やるしかないというか、全力を出し切りたいという想いです。(前日練習後に)アビスパ福岡との昨年のJ1昇格プレーオフ決勝のチケットをサポーターからもいただいたのですが、そういうところ(想いや激励など)も含めて、集大成としてやりたい。いろんな周りの見方があるなかで、1試合1試合同じ(全力を尽くすという)姿勢ではやってきたが、J1昇格プレーオフ決勝でも、その1試合に全力を出すという気持ちには、今回も変わりはない。ただし、この1試合(だけで決まること)なので、丸いボール、丸いゴールポストのある試合で、そういう(自分たちに有利となる)運とかを引き寄せるのも、これまでの積み上げ(をいかす)とか、頑張りにかかっている。昨年のJ1昇格プレーオフ2試合や、この前のJ1昇格プレーオフ準決勝の試合をみても、それは分かることなので、そこ(運)をたぐり寄せられるくらい頑張らなければいけない。」

■清原翔平選手
「(岡山は、セレッソにて最初のゴールを記録した相手だが)この試合でも、自分も数字を残せて、このチームを助けることができれば、最高の形になるかなと思います。(この試合で気をつけていきたいことは?)いつもとほぼ同じですが、ただ、最後のところでパワープレーだったり、こぼれ球のところは鍵になるのかなと思うので。監督もそこは言っていますし、自分たちもそういうところで、細かいところでの勝負が大事になると思いますし、みんなで話し合って練習も集中してこの1週間できたと思うので。いい準備はできているかなと思います。(岡山とのアウェイでの対戦でも、得点をアシストしていたが)個人的にはそこのセットプレーでの(得点に絡んだ)イメージがある分、一方で、相手にゴールを決められたときのマークを外したのも自分でしたので、そういったところで、個人的にも借りを返したいチームでもある。明日は自分の仕事をやりきることが大事になると思います。」

■山村和也選手
「これが今季最後の試合で、来季、J1になるか、J2になるか、それが決まる試合でもあるので、しっかりいいゲームをして、気持ちをもって戦いたい。本当に勝って流れをよくしてここまで来られていると思うし、最後も勝ってJ1に行けるように頑張りたい。京都戦もそうだったが、この試合も気持ちのぶつかり合いになると思うので。そういうときの五分五分のボールは気持ちの強いほうにこぼれてくるもの。戦う気持ちを一人ひとりが持って試合に臨めるようにしていきたい。

(鹿島で一緒にやっていた選手たちとの再戦になるが?)彼らの特長も1年たてば変わるところもあると思いますし、今まで2試合やってきているなか、僕以外でも特長をみんなつかんできている。相手のよさを潰しながら、自分たちのいいところを発揮できるようにしたい。勝って(プレーオフを)通過したいし、ここで勝たなければいけないと思っているので、しっかりいい準備をして今季最後の試合に臨みたい。」

■ソウザ選手
「決定的な、本当に大事な試合が目の前にある。ただ、この試合に臨む気持ちは、いつもと変わらない。しっかり準備はできているし、そのなかで、ミスが起こってはいけない試合でもあるので、ミスをしないような試合ができるよう準備している。いろいろと今まで経験してきているので、いつもどおりにやるだけ。この年末、今季最後の試合を、いい形で終われるよう、価値のある年にできるようにしたい。本当に大事な試合で、セレッソの年間でも一番(大事)の試合だと思う。

いつも自分のベストを尽くすだけであり、今回もいつもどおり試合に入るだけ。自分はこのチームに貢献するために来ているし、自分の全力を出すことが仕事。必要なこと、パートナーが求めていることをするだけだ。もちろん、相手をリスペクトしなければいけないが、まずは自分たちが見せなければいけない。

(引き分けでも勝ち上がれるが?)状況に関係なく勝利を目指している。ピッチの中で自分たちのサッカーを見せること。ゴールを決めて、なおかつ、特に後ろ(守備)のほうはいろいろと注意してやっていきたい。難しい試合になると思うが、今はそのための準備をしている。」

J1昇格プレーオフ 決勝
12月4日(日)15:35KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs ファジアーノ岡山