【2017シーズン始動!】讃岐:新加入選手記者会見での出席者コメント(1)

2017年1月16日(月)

1月15日、讃岐の新加入選手記者会見が行われました。会見でのコメントは以下のとおりです。
2017シーズンパスのお申し込みはこちらから!
----------


○山下幸男代表取締役
「みなさんおはようございます。今日は足下の悪い中、また寒い中お越しいただき誠にありがとうございます。昨年は大変お世話になりました、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今日は、2017シーズンのカマタマーレ讃岐新加入選手、並びにスタッフの発表会ということで日曜日、そして雪にも関わらずお越しいただき、大変ありがとうございます。
私たちカマタマーレ讃岐はこの度、新戦力として6人の選手と4名のチームスタッフをお迎えいたしました。心から歓迎をしているとともに大いに期待をしております。
今年のカマタマーレ讃岐はJリーグ4年目ということで、新しい力を入れながら更なる高みを目指して、頑張って試合をしていきたいと考えております。我々はこの通り、地域の皆さまに支えられたクラブですので、チームはピッチではもちろんですけど、ピッチの外でも頑張っていただきたいと思っております。
また、日頃からクラブ全体で規律または規則を守り、みんなに愛される生活を送っていただくことが大事かなと。そして地域の皆さんから大きな支えをしていただいていると思っています。
またご案内の通り、クラブとしては課題を抱えています。一つは強くてみんなに愛されるチームをつくりたいということと、選手たちがきちんとした練習ができるようなクラブハウスの整備や、練習環境の向上、そして観客数を増やしたいということ。さらにはカマタマーレの経営体質の向上が掲げられますが、そういった課題に対して一つ一つ、着実に取り組んでいくことが大事かなと思っています。
特にJ1に昇格する為には、J1ライセンスに必要なクラブハウスを整備する必要があるということで、地元高松市のご協力をはじめ、いろんな方々と協議をしながら、多くの方々にご理解をいただき整備を進めてまいりたいと思っています。いろんな課題がありますが地域の活性化、地域を元気にするということで頑張っていきたいと思っております。
最後になりますが、新加入選手・チームスタッフのみなさんが北野監督のもとで活躍していただいて、2017シーズンが素晴らしい・楽しい・明るい1年になることを期待申し上げまして私の挨拶とさせていただきます。今年もどうぞよろしくお願いいたします」

○小川徹チーム統括部長
「みなさんこんにちは、小川です。本日は、お忙しい中お集まりいただき、本当にありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨シーズン、非常にけが人が相次いだこともございまして、終盤は残留争いに巻き込まれ、非常に厳しいシーズンでございました。昨年のJ2リーグの22チーム平均の得点数、あるいは失点数が50点でございました。我々のチームは得点数が43、失点が62だったと思いますが、ここは当たり前の話ですけども、もっと得点を増やす、あるいは失点を減らさない限り上位には行けないということです。
そういうところで今シーズンの補強のポイントにつきましては、得点の取れるフォワード、あるいは失点を減らす為にディフェンスの層を厚くするということに絞って参りました。そういうところでギラヴァンツ北九州からは原一樹選手、横浜FCからは市村篤司選手、V・ファーレン長崎からは李栄直(リ ヨンジ)選手という、実績・経験ともに申し分のない選手が獲得できました。
また、一方で主力のほとんどが30歳を超えるということで、チームバランスを考えて若い選手、岡山からは松原修平選手、福岡大学から中島大貴選手、龍谷大学からは長澤拓哉選手を獲得いたしました。
明日16日から全体練習が始まり2017シーズンがスタートしますけど、原選手・市村選手・李選手につきましては遠慮することなく、明日から自分たちはこのチームを引っ張っていくんだという強い気持ちで新しい風を吹き込んでいただきたいと思いますし、また若い選手、松原選手・中島選手・長澤選手の3選手につきましては、是非ともベテラン選手を脅かすような活躍をしてほしいと願っています。
契約更新した23選手と、新たに加入した6選手の29名でチームは2017シーズンをスタートいたします。サポーターのみなさんがワクワクするような試合をお観せするよう頑張ってまいりますので、1年間熱い声援をよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」

○北野誠監督
「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今日は、新加入発表会で新体制発表会ではないので、あんまり僕の口からは言うことは無いので、また今日来てくれた新加入の選手とスタッフしっかり頑張っていきますので、今年もよろしくお願いいたします」

○原一樹選手
「明けましておめでとうございます。今年からよろしくお願いします。
ギラヴァンツ北九州からきました原一樹です。僕のポジションはフォワードなので、点を取ることを期待されてこのチームに誘っていただいたと思いますし、僕自身の目標でもある、20得点を取るということをこのチームで達成できることを、本当に常に目標に置きながら練習に取り組み、試合ではこのチームを勝たす為には得点が絶対に必要だと思うので、僕の得点で勝利を、勝点3を取れるように努力していきます。
応援、そして本当に僕に対しての何か要求がありましたらドンドン言っていただきたいと思いますし、僕自身も成長する為に頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします」

○李栄直(リ ヨンジ)選手
「明けましておめでとうございます。これからもよろしくお願いします。
V・ファーレン長崎から加入する李栄直です。僕は守備の選手ですので、守備の部分を見て欲しいですし、その中で取ったボールのフィードと、しっかりつなげていい攻撃ができるようにしたいと思っています。失点が0なら負けることはないので、そこをしっかり肝に銘じて試合に臨んでいきたいと思います。カマタマーレ史上、最高順位を出せるようチームに貢献したいと思っていますのでよろしくお願いします」

○市村篤司選手
「横浜FCからきました市村篤司です。よろしくお願いします。
僕もディフェンダーなので、昨シーズンの62失点というところを少しでも減らし、それからサイドバックですので、アシストなりで得点を上げることによってチームの順位が上がっていくと思うので、そこで貢献したいと思っています。また香川県全体、地域密着しているということで盛り上げていければと。カマタマーレという存在が香川県の皆さんの元気の源になればと思っています。あと、北野監督とは5年間一緒にやらせてもらっていて、いいところ全て知っているので、自分の良さを引き出してくれると思っているので楽しみにしています。よろしくお願いします」

○松原修平選手
「ファジアーノ岡山から来ました松原です。
僕はゴールキーパーなので、清水(健太)選手・瀬口(拓弥)選手のところを脅かさないといけないと思いますし、自分はその二人にはないところを持っていると思うので、そこをしっかりアピールしていきたいというのと、ピッチ内外いろんなところ、ピッチ内ではトレーニングだったり試合だったり、ピッチ外ではいろんなイベントなどで自分のキャラクターを生かして頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」

○中島大貴選手
「福岡大学から来ました中島大貴です。
自分の長所である空中戦やロングフィードというところを生かして、新卒ではありますけど一年目から強気で頑張っていきたいと思います」

○長澤拓哉選手
「こんにちは。龍谷大学から加入することになりました長澤拓哉です。
僕のストロングは1対1の強さや、縦への推進力で今までやってきたので、それをJリーグの舞台で発揮できるようにやっていきます。カマタマーレ讃岐の勝利に貢献できるように頑張っていいきたいと思います。よろしくお願いします」

○豊島幸一GKコーチ
「こんにちは。香川県高松市出身です。地元のクラブでこのような形で仕事ができることに感謝しています。まずチームが目標を達成できるように選手を精一杯サポートしていきたいと思います。よろしくお願いします」

○片岡裕太テクニカルスタッフ兼マネージャー
「こんにちは。今シーズンからテクニカルスタッフに就任しました片岡裕太です。鹿屋体育大学から来ました。監督・スタッフ・選手のサポートをしっかりし、カマタマーレ讃岐の勝利に貢献したいと思っています。よろしくお願いします」

○杉本和也マネージャー
「こんにちは。今シーズンからマネージャーとして活動させていただきます、杉本和也と申します。チームの為、選手の為、私ができる精一杯のサポートをし、勝利に貢献できたらと思います。よろしくお願いします」

※アシスタントコーチに就任しました齋藤良平は、アカデミーの試合帯同のため欠席。

質疑応答はこちら!