【2017シーズン始動!】松本:新体制発表会でのコメント

2017年1月23日(月)

1月22日、松本の新体制発表会が行われました。会見でのコメントは以下のとおりです。
2017シーズンパスの申し込みはこちらから!
----------



○神田文之 代表取締役社長 挨拶
「2016年11月27日。無情な試合終了の笛は、クラブの新たな歴史、そしてスタートになりました。あの瞬間から本日まで非常に良い準備ができたと思っています。ただし、プロサッカー界の先輩クラブたちは様々な経験を得て、今日に至っているのも事実です。松本山雅は歩みを止めることなく、更に歩幅を広げて、王道を進んでいきたいと思います。

トップチームには今年も反町康治監督に指揮をとっていただきます。各ポジションで新しい選手も補強し、より質の高いサッカーを皆さんにお見せできると思っています。また「山雅ドリームビジョン」の実現に向けて、今年はフットボール環境の充実に力を注いでいきます。トップチーム全般の環境整備、育成組織の子供たちの練習環境の整備、そしてアルウィンではピッチシートの導入など臨場感ある演出にこだわっていきます。

最後になりますが今年も山雅ファミリーの総力を結集して、これまで共に築いてきたクラブを、もう一度皆さんのお力を借りて、思いを一つに一緒にスタートしましょう。本年も宜しくお願い申し上げます」

○反町康治 監督 挨拶
「いつも、このように熱い声援をありがとうございます。身の引き締まる思いがしております。我々はちょうど一週間前にシーズンをスタートさせておりますが、降雪もあるなかで何とか予定どおりに進んでいます。ここから御殿場、清水、鹿児島、また清水と松本を離れて準備をして、開幕の横浜FC戦を迎えることになります。残念ながらアウェイですが、ここに来ていただいている皆様はニッパツ三ツ沢球技場まで足を運んで、サポートしていただけることと思います(笑)。アウェイゲームが3つ続きますので寂しい気もしますが、ホーム開幕戦を楽しみに待っていてください。

今年の抱負は、やはり昨年11月27日の悔しい思いを原動力にして、昨季以上となる2位以上、勝点も昨季以上はとらないといけないと考えております。本当に難しい、大変なシーズンになると思いますが、ここにいる選手、スタッフ、たくさんのサポーターと共に頑張っていきたいと思います。皆さん、最後まで応援をよろしくお願い致します」
 

《新加入選手 自己紹介》

○藤嶋栄介選手

「サガン鳥栖から来ました、背番号1のGK藤嶋栄介です。僕のことは知らない方のほうが多いと思いますが、よく中田翔や亀田興毅に似ていると言われます。皆さんが思っているよりも、そんなに恐くないので、どうか応援してください。一年間、山雅のために全力でゴールを守ります。一緒に戦ってください」

○ヨ ソンヘ選手

「背番号2番、DFのヨ ソンヘです。Jリーグに復帰できて、とても嬉しいです。松本山雅という素晴らしいチームの一員になれたことを誇りに思います。J1昇格に向けて頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

○セルジーニョ選手

「こんにちわ、セルジーニョです! ……日本語を覚えました(笑)。このチームの一員となれて本当に嬉しいです。皆さんは本当に素晴らしいです。松本に来たのは、ただプレーするだけではありません。このチームの素晴らしい歴史の一員となるために来ました。共にJ1に行きましょう!」

○村山智彦選手

「湘南ベルマーレから来ました、背番号16の村山です。昨季は違うチームにいましたが、松本の試合結果はずっと追いかけていましたし、最後にああいう悔しい形でJ1昇格がならなかったことは僕自身も分かっています。今季はJ1に戻ることを達成できるように頑張りますので、僕たち選手に力を貸して下さい。ひとこと言わせてください。ただいま、松本!」

○ジエゴ選手

「こんにちわ。ジエゴ、背番号は17です。素晴らしいサポーターのことを知ることができて本当に光栄に思います。皆さんの笑顔を見るために自分も全力を出すので、一緒に頑張りましょう!」

○星原健太選手

「北九州から来ました星原健太です。イシ(石原崇兆)に似ていると言われます。嬉しいです。一試合一試合全力で戦って、勝利のために貢献するので、よろしくお願い致します」

○岡本知剛選手

「岡本知剛です。2017シーズンを精一杯頑張ります、応援よろしくお願いします」

○岡佳樹選手

「桃山学院大学から来ました、背番号26の岡佳樹です。J1昇格のために精一杯頑張るので、応援よろしくお願いします」

○ゴ ドンミン選手

「皆さん、こんにちわ。背番号30のGKゴ ドンミンです。松本山雅に入団して、本当に幸せです。よろしくお願いします、頑張ります」

○橋内優也選手

「皆さんも御存知のとおり、全国のサッカーファンからおっさん視されています。ちなみに三島(康平)と同い年です。昨年結婚したんですが、奥さんが悲しむので「ハシ」と呼んでください」

《質疑応答》(ファンからの質問に、回答する形式)

Q:高崎選手へ質問です。J2得点王になる自信はありますか?

「自信はないですけど(苦笑)、FWである以上、めざすべきところはそこ。チームのために、3-0での3得点目ではなく、1-0での決勝点のようなシビアな場面でのゴールをとっていきたいと思います」

Q:新加入選手の皆さんへ質問です。何と呼べばいいか、ニックネームを教えてください。

藤嶋「エイスケとかエーちゃん、時には親方で」

村山「ムラでお願いします」

星原「ホッシーか、ほっしゃんで」

ヨ ソンヘ「ヨ ソンヘと呼んでください」

ゴ ドンミン「ドンちゃんと呼んでください」

岡本「名前のトモでよろしくお願いします」

岡「好きなように呼んでもらって……」

セルジーニョ「チビスケ!」

ジエゴ「ジエゴで」

橋内「おっさん以外なら何でもいいです。お父さんなら大丈夫です!」

Q:反町康治監督へ質問です。今季のJ2は例年以上に戦術や分析が重要そうですが、どう対抗していきますか?

「今、JDNYCで千葉が負けていましたね。もう観てますよ、当然。高校の先輩の大木(武)さんが岐阜を率いたり、同じ清水出身の風間(八宏)さんが名古屋を率いたり。またスペイン人の監督もいるということで、それはそれで楽しみにしております。相手を分析すると同時に勉強になる面もたくさんあると思いますが、試合になったら絶対に勝ちたいと思います」

Q:高崎寛之選手へ質問です。完全移籍を決めた一番のポイントは?

「鹿島でACLに挑戦したい気持ちもありましたが、自分を一番必要としてくれているのは松本だと思いましたし、昨年のプレーオフで負けて、皆で流した涙を忘れることができなかった。このチームでJ1に行きたいと思ったのが決め手です」

Q:安川有選手に質問です。キャンプの際に愛犬はどうしているんですか?

「実家に預けています。……次に行ってください(笑)」

Q:岩間雄大選手に質問です。ボランチとCBのどちらが好きですか?

「ボランチで勝負したい気持ちは強いですけど、やはりチームの勝利が一番なので。任されたポジションを一所懸命やりたいと思います」

Q:工藤浩平選手に質問です。チーム内で一番愛している人は誰ですか?

「何かおかしい質問ですね……(苦笑)。一杯いますけど、やはり(安藤)淳かな(笑)」

Q:反町監督に質問です。ずばり、昇格のライバルチームは?

「どうでしょうね(苦笑)。やってみないと分からないですけど、お金持ちの名古屋は厄介だと思います。ただ、どの相手もライバルなので、どの相手にも全力を尽くして頑張りたいと思います」

Q:藤嶋選手に質問です。移籍の決め手を具体的に教えてください。

「一番早くお話をいただいたし、熱いサポーターがいるので決めました」

Q:村山選手に質問です。背番号16をつけることになった理由は?

「(昨季まで鐡戸裕史がつけていた)16番は、このチームのなかでは3番の次に大事な背番号だと思いますし、クラブの方からも言っていただいたので。GKが16番をつけることには違和感もあるかも知れないですけど、3年間お世話になったクラブですし、一度出て行った自分にオファーをくださったことにも誠意を感じました。そういう思いを僕自身も噛み締めてプレーしないといけないと思い、つけさせていただくことにしました」

以上

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報