【ニューカマー・レコメンド】日本最速のスピードスターは、仲間想いの好人物:永井謙佑(名古屋→FC東京)

2017年2月24日(金)

2017シーズン開幕!ニューカマー・レコメンド
----------

(C)J.LEAGUE PHOTOS
日本最速のスピードと幼少期をブラジルで過ごした“DNA”を感じるテクニカルなプレー、それらをミックスして生まれる決定力。永井謙佑のプレー面での魅力は見ればわかると思うので、ここでは彼の人間的な魅力について紹介したいと思う。ほんわかした見た目に騙されがちだが、永井は実はこの上ない“気遣いの人”である。ピッチ内外を問わず常に周囲の人間に気を配り、特に後輩たちのネガティブな変化には敏感に反応。時に自分が道化となってでも励まし、盛り上げ、一緒に上がっていこうと手を尽くす。兄貴分というよりは親分肌で、公私ともに面倒見も良かった。名古屋の練習ピッチでは、永井を中心とした笑いの輪がいつも絶えなかった。

また、見た目とのギャップといえば、永井はサッカーIQが非常に高い選手でもある。練習の意図や監督の指示をすぐさま理解し、ちょっとしたアレンジをすぐさま利かすのは日常茶飯事だった。とある短期キャンプの際には、少しルールが複雑なミニゲームに対して永井と田中マルクス闘莉王(京都)だけは即時に戦略を見出し、トレーニングの中で意見を戦わせる場面にまで遭遇した。闘莉王が言い放つ正論に対し、真っ向から言い返せる人間は少ない。だが、永井は感情論でない別角度の正論で対抗し、闘将と同レベルで話せる稀有な選手だった。

ここ数年では自分の得点への意欲と同じくらいに周囲がうまくプレーできるようにと腐心し、川又堅碁(磐田)らなどの特徴や活かし方を滔々と説明してくれたこともあった。その想いはチームメイトたちにもしっかりと伝わっており、移籍交渉真っ最中の川又などは「永井さんのような選手が同じチームにいてくれればオレの得点する確率は上がるし、そういう要素はやっぱり考える」と語っていた。杉森考起(名古屋)のような若手にとっても「永井さんは優しく教えてくれるので、すごく助かります」と人気があった。チームリーダーにもなれるし、ムードメイカーでもある。そして言うべき時には言う。

一度、非公開練習で永井が声を荒らげたことがあったという。大学時代から彼を知る酒井隆介(名古屋)はそれを見て、「アイツがあんな風に言うなんて思わなかった。あれで引き締まった」とポジティブな変化に驚いていた。

まだまだ彼の“人間力”については語り尽くせないところがあるが、あとはFC東京の選手とサポーターの皆さんが肌で感じてもらえればと思う。永井謙佑の魅力はピッチ上だけに留まらないのである。

以上

-----------
★FC東京シーズン開幕戦!★
明治安田生命J1リーグ 第1節
2017年2月25日(土)14:00キックオフ/茨城県立カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズ vs FC東京

2017.02.24 Reported by 今井雄一朗

移籍情報