【ニューカマー・レコメンド】チームのために守備もいとわず献身的に走るストライカー:金弘淵(福島→盛岡)

2017年3月9日(木)

2017シーズン開幕!ニューカマー・レコメンド
----------

(C)J.LEAGUE PHOTOS
東邦高で活躍後、朝鮮大学校でプレー。そしてJFL時代から4年間福島に在籍したFW金弘淵。2014~2015シーズンはコンスタントに出場を重ねてきたが、昨シーズンは13試合出場2ゴールにとどまった。福島での契約が満了となり、この度盛岡への完全移籍が決定した。

183センチの長身を生かした空中戦での競り合いの強さが魅力だが、金弘淵の最大の魅力は献身的なプレースタイルだ。前線からがむしゃらに守備をして、前線で体を張ってボールキープする。ボールを奪ったら積極的にゴールへ向かっていく、チームのために走ることができるファイターだ。昨シーズンの第10節琉球戦ではゴールを挙げながらもリードを守り切れず引き分けに終わったが、「今日みたいな試合はサイドで体を張って守り抜くなどしたい」と守備での反省を忘れなかった。あくまでチームの勝利を第一に考える彼らしいコメントだった。

昨シーズンはなかなかベンチにも入れない時期があったり、思うようにゴールを奪えない苦しい時期もあったりしたが、金弘淵はいつも笑顔を忘れず、チームのために精力的に走り続けた。栗原圭介前監督も、出場機会が少なくてもモチベーションを落とさず頑張る金弘淵に対し、「チャンスを挙げられない時期もあったが、練習からやり続けてくれていた。点を取れていない試合でも良い仕事をしてくれている」と大きく評価していた。

福島での最後のゴールは第20節大分戦。0-4で敗色濃厚の中、アディショナルタイムで決めたゴールだった。どんな苦しい時も諦めずに努力を続けたからこそ奪えた得点。これもまた金弘淵の魅力の一つである。

チームの勝利を第一に、献身的に働けるからこそ福島サポーターに愛された選手だった。今シーズン盛岡との対戦での再会を、福島のサポーターは心待ちにしている。盛岡でエースストライカーとして大きく飛躍し、盛岡のサポーターからも愛される選手に成長してくれることを心より願っている。

以上

-----------
★グルージャ盛岡シーズン開幕戦!★
明治安田生命J3リーグ 第1節
2017年3月12日(日)14:00キックオフ/キンチョウスタジアム
セレッソ大阪U-23 vs グルージャ盛岡

2017.03.09 Reported by 小林健志

移籍情報