【岐阜 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:新スタイルで光り輝く ルーキー古橋亨梧

2017年3月11日(土)


「亨梧お疲れー」。サポーターの声に彼は軽く頭を下げて答えたが照れ臭そうな雰囲気が垣間見られる。しかしそれも当然である。古橋亨梧(写真)は今季からFC岐阜に新加入したルーキーだからだ。奈良県出身で、高校は大阪の興国高校を卒業。その後中央大学へと進み、岐阜に加入したこの若きアタッカーは、今シーズン新スタイルへと変貌を遂げたチームの中で躍動している。

古橋の強みは何と言っても「スピード」。裏への抜け出しやドリブルから中へのカットインを得意とし、前節の名古屋戦でも味方選手からのロングフィードのパスに反応し、競争になった相手ディフェンダーを置き去りにしたシーンは特に印象的であった。そして、それと同時に守備面でも大きくチームに貢献している。

今季の岐阜は全員攻撃、全員守備のムービングフットボールがスタイル。そんな中で前線から献身的にプレスし相手のビルドアップを妨害。さらに自身の仕掛けが不発に終わった後も、必ずファーストディフェンダーとなってFW風間宏矢やMF永島悠史らとボールホルダーを挟み込み、こぼれたボールをMF庄司悦大やMFシシーニョが回収するのだ。開幕から2試合、岐阜が高いボール保持率を維持できている要因はそこにあり、かつそのチーム戦術にあってルーキーとは思えない程のフィットぶりで光り輝いて見える。
「強敵ですけど相手がどこであれやることは同じ。主導権を握って勝ちきりたい」。取材の際に古橋は顔を引き締めて今節松本戦への意気込みを語ってくれたが、自身のゴールについても尋ねると「いいところまで来ていると思う」と自信を覗かせた。

内容は素晴らしくも引き分けが続いている岐阜だが、新スタイルへの移行には成功し、クラブは新章に突入したと言っていいだろう。松本戦、古橋のプロ初ゴールが生まれれば、そのゴールが岐阜の新章幕開けを象徴するものになることは間違いない。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月12日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs 松本山雅FC
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報