【大分 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:チームの中心にサンペイあり。今季はリーダーの重責を担う

2017年3月11日(土)



いつもチームの中心に彼がいる。サポーターからも絶大な人気がある。ミスタートリニータ高松大樹が引退した今、三平和司がチームの顔となり、重責を担うことになる。前節東京V戦後のコメントからも、その意識の断片を読み解くことができる。「ある程度フリーでボールを受けることができたけど…。もっとゴール前まで行ければ良かった。いい形を作るより得点を取らなければいけない。勝ってサポーターに喜んでもらいたい」

もともと得点力の高いアタッカーだった。相手の裏を突く飛び出しと爆発的なスピードで、どんな態勢からもゴールを狙った。しかし、2013年から2年間京都でプレーしスタイルが変わった。「技術の高い選手たちとサッカーをして、自分たちで崩す楽しさを知った」。持ち味の身体能力に頼らず、技術を高めた。味方のスタイルや状況に応じて的確なプレーを選択することを覚えた。今はチャンスメーカーとゲームメーカーの資質を兼備するタイプとなった。

コンパクトなブロックを築く相手のギャップに入り込み、テンポ良くパスを散らしてリズムを作り出す。特にポジショニングが巧みで“相手の嫌がる位置でボールを引き出す動き”ランキングがあれば、チームNo.1の質と高さだ。トップ下でコンビを組む後藤優介は「攻撃に関してはサンペイくんに全てを任せている」と“全権委託”を語れば、1トップの林容平は「サンペイさんとプレーすると楽しいし、得点チャンスが増える」とそのパフォーマンスに賛辞を贈った。

今季2試合を終えたが、そろそろ得点、アシストで結果を出したいところだ。「自分たちのサッカーをして前の選手が得点すればチームに勢いが出る。それは僕でなくてもいい」と言葉は控えめだったが、勝利への意欲は誰よりも高い。試合後のサンペイ・スマイルをサポーターは待ち望んでいる。



文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月12日(日)13:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs レノファ山口FC
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報