【磐田 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:小川航基に期待せずにはいられない

2017年3月14日(火)


類まれなシュートセンスと決定力。小川航基(写真)はPA内で眩い輝きを放つ選手である。プロ2年目の今シーズン、チームを勝利に導く姿を思い描いていたはずだ。

しかし、チームでの序列は決して高くない。明治安田生命J1リーグは3節が終わったところだが、小川航はピッチに立てていない。それどころかベンチからも外れている。磐田のFW登録は3人。川又堅碁がファーストチョイスで、齊藤和樹がベンチに控える。またサイドハーフのアダイウトンも最前線でのプレーが可能とあり、小川航にはなかなかチャンスが巡ってこないのが現状だ。

フィニッシュワークには一見の価値があるものの、その他のプレーはまだまだ成長途上。できることを少しずつ増やしていかなければ、リーグ戦に出場するのは難しい。本人は、我慢の時期と捉えている。
「どんな状況でも前向きに取り組んで、結果が出た時に『やってきて良かった』と思えるように。チャンスをもらえたら結果を出したい」

目にはしっかりと光が宿っており、決して腐っていない。ストライカーとしての自信もある。
昨季のようにリーグ戦とカップ戦でメンバーを総取っ替えすることはない、と名波浩監督は話している。そして、「ギラギラした奴を使う」と選手たちの奮起を促す。その点、高卒2年目のFWはギラギラ感が人一倍強い。それは紛れもない事実である。

札幌戦に出場できるかはまだわからない。もしかしたら、ここでもベンチ外かもしれない。しかし、期待せずにはいられない。それが小川航基という男である。

文:青木務(磐田担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
3月15日(水)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報