【長崎 vs 山形】 ウォーミングアップコラム:攻守に欠かせぬ長崎の新リーダー

2017年4月1日(土)


2017シーズン開幕から1カ月、リーグ戦5試合を消化して勝点10(3勝1敗1分け)の4位につけるV・ファーレン長崎にとって、最終ラインの中央に位置するDF田代真一(写真)は攻守両面において欠かせない選手になっている。決して雄弁なタイプではない。だからこそ、ロッカールームの円陣で話す言葉には重みがある。「すべての局面で相手を上回ろう」。「自分を信じろ。仲間を信じろ」。ゲームキャプテンを務める田代が話す一言は、決まってその日の試合でチームが掲げるテーマを端的に突き、チームをひとつにまとめあげる。

5試合を終えて、チーム得点数は「9」で同失点数は「5」。「攻撃陣がすべての試合で得点してくれているので感謝したい。守備陣としては“ゼロ”にこだわりたい」(田代)。ここまで無失点試合は「2」。いずれもチームは勝利を手にしており、「良い守備が良い攻撃を生み出す」と話す高木琢也監督のサッカーが体現されつつある。

一方で、田代自身は3失点を喫した第3節のアウェイ・徳島ヴォルティス戦で2度の警告を受けて退場となり、出場停止となった次節のホーム・ツエーゲン金沢戦では観客席からチームの戦いを見守った。「チームに迷惑をかけて、申し訳ない気持ちしかない。迷惑をかけた分は結果で返すしかない」。その言葉どおり、第5節のアウェイ・京都サンガF.C.戦ではスターティングメンバーに復帰。「“ゼロ”で勝てたことは大きい。前線の選手が必死に守備をしてくれているからこそ、良い守備ができている」。キャプテンマークを巻き、1対0で勝利したチームを再びけん引してみせた。

次節はホームで迎える古巣・モンテディオ山形戦。木山隆之新監督が率いる難敵を相手に、強い意気込みで臨む。「(山形には)感謝の気持ちが強い。良いプレーを見せて、ファン・サポーターの皆さまへの恩返しになれば。そして、ホームで3連勝を達成したい」。強い信念を持つリーダーの下、チームは今季初の3連勝に挑む。

明治安田生命J2リーグ 第6節
4月2日(日)13:00KO トラスタ
V・ファーレン長崎 vs モンテディオ山形
トランスコスモススタジアム長崎(V・ファーレン長崎)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報