【金沢 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:ゾーンからマンツーマンへ。守備の課題と手応え

2017年4月1日(土)



前節・町田戦。前半に2点を失った金沢は、後半開始から山﨑雅人と廣井友信(写真)を投入。その結果、2点を返して勝点1を獲得した。CBに入った廣井は守備を安定させ、反撃ムードを後方で支えた。

キャプテンの廣井はチームの現状について次のように話す。
「やりたいことをやれているときは相手を上回れている感触はある。その時間を長くしていければ勝利も近づいてくると思うし、どのチームを相手にしても良い勝負ができるという感覚は持てている」。

監督が代わったことで、昨季までのゾーンディフェンスから今季はマンツーマンディフェンスに変わった。ただ、チームに浸透するには至っておらず、トライアンドエラーを繰り返す中、うまくいかないことも多い。
「ミスが重なったり、自分のマークが決まっていない、自分のマークについていけていない。守備の問題点のところで課題が出ている。ただ、整備されてきているし、質は良くなってきていて、点も取れるようになっている。先に点を取れると相手が出てきて、もっとうまくカウンターを発動できる」。

ホーム二連戦となる今節は、群馬との下位直接対決。
「ホームだし、相手の状況を考えると、ここは絶対に勝たないといけない試合。あまり自分たちにプレッシャーをかけすぎずにやれたら良い」。

廣井に限らず選手たちは手応えを感じているだけに、一刻も早く結果につなげたい。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
4月2日(日)13:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs ザスパクサツ群馬
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (2.9)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報