【山口 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:キャプテンマークを巻いた3年目の香川勇気。強豪相手に無失点、掴んでゆく誇りと自信

2017年4月28日(金)



前節の名古屋戦に2-0で快勝した山口。対戦前時点で首位に立っていた難敵から2ゴールを挙げただけでなく、無失点でゲームを閉じ守備陣たちも手応えを掴んだ。この試合でキャプテンマークを巻いたのがセンターバックの香川勇気。「勝てて良かった。チームとしてやるべきことができた」と胸を張り、「しっかり長崎にも対策したい」と今節へ向けて気持ちを入れ直している。

キャプテンや副キャプテンの選手たちが先発を外れ、3年目の香川がゲームキャプテンに指名された。「ほとんど初めてです」という役は試合直前に決まったが戸惑うことはなく、「風があったのでゲンキ(山田元気)とどっちにするかという話をした」とコイントスでコートを選べた場合の対応も確認。冷静に周りを見渡し、「自分たちのやることをやろう」と声をかけて臨んだ。

冷静な状況判断と見せる表情以上に熱いプレーが持ち味。今季はサイドバックの一員としてシーズンに入り、直近の3試合ではセンターバックを務める。サイドバック時は果敢な攻撃参加を見せているが、センターバックでは人一倍の責任感を胸に無失点に集中。「(チームは)J2の2年目で相手も対策してくる。自分たち自身もチームががらりと変わっているので、小さいところから相手を削っていき、自分たちのストロングポイントを伸ばせるようにしたい」と話し、早めのアプローチや味方がチャレンジしたときのカバーなど細かい仕事を徹底する。

とりわけ改善が進むのがセットプレーだ。名古屋戦では体格差のある攻撃陣に自由を与えず、ゴールから遠ざけた。香川は「マークを含め、ディフェンス陣におのおのの責任感が出てきている。練習からマークが改善し、自分のところでやらせないという気持ちがある。まだまだですが自信になってきている」と手応えを掴む。

名古屋からの勝点3を次の結果へと繋げていければ、混戦のJ2を駆け上がっていける。今節は昨季の山口でともにプレーした北谷史孝と幸野志有人がいる長崎と対戦。特に幸野は香川のプレーエリアへの進入が容易に想像でき、名古屋戦同様に相手攻撃陣に対して集中した守備が求められる。「シュウト(幸野)一人に限らず全員でしっかり対応し、誰が付いてもできるように話したい」。今季初の2連勝と連続無失点ゲームへ、長崎にも真っ向勝負を挑む。


文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
4月29日(土)13:00KO 維新公園
レノファ山口FC vs V・ファーレン長崎