【山形 vs 名古屋】 ウォーミングアップコラム:高木利弥、慣れと自信と。

2017年5月6日(土)



「利弥が3バックの左をやってるなんて考えられなかったけど、アイツなりに頑張ってた」

今季、山形から水戸に移り、前節に古巣チームと対戦した林陵平が、昨年までのチームメートをそう評した。

「考えられなかった」の意味は、高木利弥(写真)自身が一番わかっていた。これまでウィングバックの他、4バックではサイドバックの経験はあるが、自分のカラーを出せるのは攻撃面。アグレッシブな縦へのアクションを得意としてきた半面、受けに回るプレーは苦手としてきた。

今季は瀬川和樹と左ウィングバックのポジションを競っていたが、先発したのは第3、4節のみ。第6節、長崎戦では昨年に続いて高木琢也監督との「親子対決」が期待されたが、高木は控えメンバーには登録されていたものの、ピッチに入ることはなかった。

転機はその直後に訪れた。ディフェンダー陣は多くが負傷離脱中で手薄だったことに加え、シュート数が少ないチームが徐々に攻撃にシフトしていく段階で、第7節、木山隆之監督は高木を3バックに起用する。そこから5試合、失点に絡むこともあったが、先発での出場は続いている。

林とのマッチアップでは得意とするポストプレーで背負われたらさすがに分が悪かったが、跳躍力を活かしたヘディングでは競り勝つケースが多かった。そして何より、林や前田大然にゴールを割らせることなく、無失点で試合を終えることができた。
「チームが勝ってないので『勝ち』とは言えないですけど、でも得点もさせなかったし、仕事をさせなかったかなというのはあります」
チームとしては守備意識が強過ぎるあまり、つなぎなど攻撃でのパワーを欠く結果となったが、「守備と攻撃、どっちもできれば試合に勝てるので、どっちもできるように修正していきたいです」と意欲的だ。

ポジショニングやラインコントロール、1対1の対応など課題はまだまだ多いが、試合を重ねることでプレーの幅も少しずつ広がり、ピッチでの様子も落ち着いてきた印象だ。そして、言葉の端々に、成長を実感している者の充実感が滲む。

「センターバックにも慣れてきたのでは?」と声をかけると、「でも、慣れが一番怖いので。常に地に足着けてやっていきたいです」との言葉が返ってきた。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月7日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs 名古屋グランパス
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.0)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報