【岐阜 vs 大分】 ウォーミングアップコラム:一瞬でゲームを変えるプレースキック 風間宏矢

2017年5月6日(土)



12節はGW連戦の3戦目。現在3連勝中の岐阜がホームに大分を迎える中で、古巣対決となるのがFWの風間宏矢だ。風間は2014年シーズンに大分に加入し主力として活躍。しかし翌15年に大分の戦績不信と監督交代で出場機会が激変したことから、7月に岐阜に期限付き移籍。2016年から完全移籍で加入することとなり、現在2年目のシーズンを送っている。

風間の特徴は、足元の技術。広い視野を持ち、柔らかいタッチで広範囲に正確なパスを送ることができる。本来はMFの選手であるが、岐阜では攻撃センスとボールポゼッションに適した能力を買われ、最前線で攻撃を引率する役目を担い今季からプレーしているのが現状だ。

そしてさらに風間のとっておきの武器であるのが正確なプレースキック。FK、CKから味方選手にピンポイントで合わせるテクニックは、一瞬で試合の戦況を変えられる魅力を持っている。例えば岐阜の開幕戦、2-0と山口にリードされた場面で、すかさず2-1と反撃の狼煙を上げるDFの青木翼に合わせた絶妙なFKは最たる例である。

現在はベンチスタートが続いている状況だが、湘南戦では途中1-0で負けている場面から出場すると、前線で攻撃陣を活性化し難敵湘南相手に3-3の痛み分けにチームを導く活躍を見せた。1-1とイーブンの中で一時湘南から2-1とリードを奪った得点を引き込んだのは、風間のCKであった。

「風間選手の得点を大勢の方達が待っていると思いますよ」と取材の際に話すと、「時間はかからないと思います」と力強く語ってくれた風間。今はスタメン争いの競争相手であるFWの難波宏明と日々切磋琢磨する毎日を送る最中だが、連戦の疲れもあるチーム状況のため今節出場の可能性は高いと言って間違いない。古巣相手に自身の成長した姿を見せられるかどうか。風間は静かに活躍のチャンスを待ち望んでいるはずだ。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月7日(日)16:00KO 長良川
FC岐阜 vs 大分トリニータ
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報