【讃岐 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:期待に応えることが僕の仕事。原一樹が讃岐の救世主となる!

2017年5月20日(土)


ゴールデンウィークに続き、約1週間で3試合を戦う非常にハードな日程もいよいよ最終戦。各チームにとってこれをどう乗り切るかがシーズン序盤のポイントとなるが、讃岐は前々節の東京V戦は0-0の引き分け。そして前節の横浜FC戦は相手を上回るシュートを放ち、試合全体としての流れは非常に良かったものの、カウンターから勝ち越しゴールを奪われ1-2で惜敗。2試合とも決して悪くないゲームではあるが、なかなか結果が残せない状況が続いている。

しかし前節の試合ではケガで戦列を離れていた原一樹(写真)が復帰。途中出場ではあったがピッチに登場した彼の姿は非常に躍動的で、見ているこちらが思わずワクワクするようなシーンも随所にあった。

今シーズンから讃岐に加入した原は、北九州に所属していた昨年はキャリアハイとなる16得点を記録。持ち前のスピードを生かした突破力と、近年では相手の裏を狙うポジショニングも冴え、速さと上手さの両方を兼ね備えたプレーが光る。4月2日の湘南戦では移籍後初ゴールを含む2得点を挙げその存在感を示した。

その直後にケガを負い1ヶ月ほど別メニューでの調整となったが、現在はすでに全体練習に合流し、徐々にゲーム勘も取り戻している。原は「チームの状態はあまり良くないがここから何とか巻き返したいし、僕は点を取ることが仕事なので、その期待に早く答えて結果につなげたい」と気合十分。低迷するチームの救世主として最高のパフォーマンスを見せてほしい。

文:小谷秀斗<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月21日(日)14:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs ザスパクサツ群馬