【金沢 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:テクニシャン杉浦恭平、いつでも挑戦者の気持ちで。

2017年5月20日(土)


チーム屈指のテクニックを誇る、MF杉浦恭平(写真)。うまく”間”でボールを受けると、得意のパスでチャンスを演出する。前節・徳島戦では、ダイレクトで縦パスをつけて先制点の流れに関与した。「一人ひとりの動きが分かって連動できたゴールだった。(中美)慶哉も冷静に決めてくれたのですごく良かった」(杉浦)。

徳島戦は先制したものの、その後も劣勢は変わらず攻め込まれる時間が長く、杉浦は「もうちょっと自分たちのボールにしたい。ポゼッションというか、自分たちでボールを持つ機会を増やしたい」と試合を振り返る。守備においては流動的な動きを見せる徳島を前に、マークがズレて相手をつかみきれない場面が目立った。杉浦は「良いときは一人ひとりがすごくマークも近いし、しっかり守れている。そういった部分を出していけたら良い」と話す。

「福岡は結構知り合いが多い」。今節・福岡戦は「すごく楽しみ」な試合だ。静岡学園の先輩・杉山力裕、川崎F時代のチームメイト・山瀬功治、實藤友紀、神戸時代のチームメイト・石津大介。これまでのキャリアで共にプレーした選手との再会を楽しみにしながらも、目指すものはただ一つ。
「自分たちはいつでも挑戦者の気持ちでやりたい。1試合1試合しっかり勝ちたいという気持ちを持っているので、それを前面に出して勝ちを目指してやっていきたい」。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月21日(日)13:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs アビスパ福岡