【沼津 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:尾崎瑛一郎、大胆さと繊細さを兼ね備えるキャプテンシー。

2017年6月3日(土)


沼津の試合を見ていると、不思議な感覚に陥る瞬間がある。DFラインでボールを回していると、沼津のロングボールを出させまいと、相手の前線が激しいプレスをかけてくる。そのプレスに沼津守備陣は慌て、味方へのパスが雑になり、不必要に速くなったり浮いてしまったりする。だが、ひとたび右サイドバックにボールが渡ると、彼は「落ち着け」と言わんばかりに優しいパスを味方に渡す。時には緩いパスをボランチに預け、時にはふんわりとした浮き玉を FWに届ける。このたった一本のパスで、チームが安定を取り戻す。尾崎瑛一郎(写真)のパスには、そんな不思議な力がある。

実際、彼が欠場した天皇杯一回戦では、地域リーグ所属の格下相手に最少得点での勝利。苦しい時間帯に押し返すことができずに、相手の攻撃精度の低さに助けられたものの、失点してもおかしくない展開だった。そういった流れの中でも、手を叩いて大声で叫び、味方を鼓舞できるのが尾崎という存在なのだ。

そのキャプテンシーは大胆さと繊細さを兼ね備える。前節YSCC横浜戦では、先制点の後の停滞した時間帯に大声で手を叩いて、チーム全員を鼓舞していた。かと思えば、ハーフタイムには染矢一樹と何やら話し込み、後半に青木翔大が投入された時には「翔太やれ!」と喝を入れる。
「声をかける内容は、人によって変えています。染矢は気持ちよくプレーさせた方がのびのびとプレーできますし、青木は厳しいことを言ってもそれに発奮してスイッチが入ります。僕自身がまずプレーを伴わせる必要がありますが、できる限りみんなのパフォーマンスがよくなるように心がけているつもりです。その方が勝つ確率も高くなりますから」

これは尾崎が若いころに所属していたチームのキャプテンの影響を受けているようだ。そして「でもそこまで気使ってないですよ(笑)。僕も感情的になる時もあるし、みんながよくやってくれています。僕がみんなから見習うこともたくさんあるので」と、謙遜も忘れない。こういった抜群のバランス感覚がチームメイトと監督からの信頼につながっているのだろう。

沼津は現在5位。次は7位の北九州との上位対決だ。同節の別のカードでは1位秋田と2位栃木の直接対決があるだけに、沼津としてもここで負けるわけにはいかない。そんな正念場で必要なものが、尾崎瑛一郎のキャプテンシーなのだ。

文:中村僚(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第11節
6月4日(日)13:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ギラヴァンツ北九州
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報