【YS横浜 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:昔の気持ちを取り戻しつつある小澤光。「やっぱりこのチームで勝ちたい」

2017年6月9日(金)


「勝ちに貪欲になっていた。みんな本当に勝ちたかった」(小澤光・写真)。その気持ちが前節・盛岡戦の勝利につながったのだ。さらに今季初の無失点ということもあり、終了のホイッスルが吹かれると安堵の表情を選手たちは浮かべた。

なかでも際立ったのは小澤のプレー。CBの西山雄介が「光くんが効いていた」と話すように、アグレッシブにボールを奪い、走る姿でチームを牽引。しかし今季、背番号6は精細を欠き、本来の動きではなかった。それによりメンバーから外れることやベンチに座ることが増えていった。加えてチームも勝てない、自分も上手くいかない現状。納得できないこともあっただろう。それでも前々節・沼津戦で5試合ぶりの先発復帰。ここに至るまで様々なモノを得ながら、昔の自分を思い出しながら生きたからこそ勝ち得たポジションと言えるだろう。

そのキッカケとなったのは母校、桐蔭横浜大学サッカー部での指導だ。そこで目にしたのは必死に関東リーグを戦うが連敗が続いても、諦めずに取り組む姿。その光景はYSCCと似ていた。「大学とYSが連敗しまくっていて。それでも頑張って、1位の順天堂に勝った。そういう姿を見るとサッカーって色んなことがあるし、頑張ればそれだけ答えも出してくれる。ちゃんと向き合えば帰ってくる。そういうスポーツなんだなと改めて感じた」。

夢でもあったJリーグの舞台に立てたが勝てない現実を突きつけられ、サッカーをがむしゃらに楽しむ気持ちを忘れていた。それではチーム、自分と“向き合う”ことはできない。それを教えてくれたのは将来に希望を抱く学生たちだ。「いまは大学の頃に戻ってきた感じ。まだ分からないけど昔の気持ちが少しずつふつふつと湧いてくる」(小澤)。

そして迎える相模原との“神奈川ダービー”。J3加盟後初の連勝、ホーム初勝利を懸けて戦う一戦。「見ている人が負けていても勝っていても、すごい気持ち入っているなとか、『ここ行くんだ』『ここ走って触るんだ』『これ決めるんだ』という驚きがたくさんある試合を見せたい。やっている側はキツいかもしれないけど、そこは一歩でも足を出したり、頑張る姿を見せたい。そして絶対勝ちたい」。

上手くいかない日々、悔しさを噛み締めながら生きて乗り越える。これを繰り返し、一歩一歩進める小澤とYSCC。「やっぱりこのチームで勝ちたい」。その気持ちはみんな同じ。今節も全員で踏ん張り、一つになって勝利を掴み取りたい。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第12節
6月10日(土)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs SC相模原
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報