【大分 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:守備の安定より決定機増を。福森直也からの縦方向のパスがポイントに

2017年6月9日(金)


勝利から見放されて4試合、順位は11位まで落ちた。多くの対戦相手が大分対策として、前線から圧力をかけてビルドアップを不安定にさせる戦い方をしている。前節の水戸戦(●0−2)は、GKからビルドアップするパスを自陣で奪われ2失点した。それでも「自分たちのサッカーを追求したい」とDF福森直也(写真)は語る。

片野坂知宏監督は「フク(福森)はチームコンセプトを理解しているし、戦える選手。(利き足の)左のパスの精度が高く、奥行きを見れる選手」と評価している。今季、竹内彬を筆頭に岸田翔平、黒木恭平、坂井達弥といったJ1、J2での実績がある選手が加入し、福森のスタメン序列は低かった。しかし、開幕戦から先発で出場し、途中怪我で離脱したが、竹内、鈴木義宜と一緒に大分の最終ラインを任せられている。

最近の福森のパフォーマンスは悪くはないが、本来のアグレッシブさ、正確なクサビのパスを出せていない。片野坂サッカーにおいて、重要なのは最終ラインからスタートする縦方向の連動だ。クサビのパスを一度入れることで、その後のスルーパスなど様々な方向性と無限の広がりを生み出す。福森が好調なときは、ボランチとDFの間ではなく、もうひとつ奥のDFの裏を狙っている。さらに福森が愛してやまない勇敢かつ大胆な攻め上がりができれば攻撃はダイナミックになる。

前後の揺さぶりを「波動」から「振動」の域に到達できれば、昨季までの横の揺さぶりと融合し、絶大な破壊力と、これまで以上の得点機会を生み出すことになるだろう。6試合連続で失点している守備の再構築は必要だが、それ以上に決定機の数を増やすことが重要だ。梅雨に入り、蒸し暑さで体力を消耗する時期が訪れるが、守るも攻めるも最終ラインが今後の勝敗を左右する。そのキープレーヤーとなるのが福森なのかもしれない。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月10日(土)14:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs 横浜FC
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集