【栃木 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:栃木の若きリーダー広瀬健太、チームを力強く牽引する存在にただいま絶賛進化中。

2017年6月16日(金)


前節の栃木は盛岡のショートパス主体の攻撃にてこずり終始押し込まれた。苦しい試合展開のなか、チームで繋がり、みなが耐えて守備をするなかでとりわけ目立ったのは、センターバックの広瀬健太(写真)だった。

相手の縦パスを読み切り、ボール際に激しくアタックしながら、そこで力強く奪い切ると、そのまま自らボールを相手CK付近まで50メートルほど持ち運んで、さらにそこでキープするようなシーンがあった。盛岡の猛攻に晒される苦しい展開のなか、試合終了間際にやってのけたプレーである。連敗して迎えた前節、絶対に勝ちが必要な一戦。気持ちの強さが身体中からあふれ出ていた。

今季は、湘南ベルマーレからレンタル移籍して2年目。湘南の強化部に「もう1年だけ栃木でやらせてほしい」と懇願して迎えたシーズンだった。

広瀬のなかには、リベンジしなければいけない悔しさが色濃くある。昨シーズンの最終盤、栃木は15節から長らく首位を堅持しながら、最終節を前に大分トリニータに逆転を許し、優勝とJ2昇格を逃した。広瀬自身は、大事なJ2・J3入れ替え戦の2試合をケガで出場できなかった。「やり残したことがあります」。進むべき道は明らかだった。

栃木に残留し、昨季のリベンジの戦いに挑んでいる今シーズン。もっと強く、もっと成長しなければ優勝はできない――そんな危機意識は誰よりも強い。

「去年は試合に負けているときに、雰囲気にのまれている自分がいました」

広瀬は、今季が開幕した頃にこんな話をしている。

「昨季は、ノリさん(山形辰徳・現富山)や勲さん(本間勲・現新潟)らベテランの選手たちが、チームが負けているときに、メンタル的に落ちないよう盛り上げてくれていました。やっぱりベテランのノリさんたちはすごかった。自身がミスをしたときに全然動じないんですよ。ミスなんて関係ねえよ、という何食わぬ顔で平然とプレーできている。それってかなり大事で、僕ら若手に安心感を与えていました。去年の自分はミスが出たときにまだ動じてしまうことがあった。だから、ノリさんたちのようになっていきたいんです」

今季、横山雄次監督から24歳ながら副キャプテン就任を言い渡されたときは、やってやる、との思いしかなかった。

「副キャプテンという役割があれば、チームが窮地に陥っているときに、こんなんじゃダメだ、と周りを鼓舞して、その責任感でチームを盛り上げていけるんじゃないか」

若きリーダーになる自覚はすでにある。そして、自分に必要なのは、昨季不足していたメンタルの強さだと理解している。

その気持ちをピッチ上で力強く体現し、チームを牽引する存在になりつつある今季の中盤戦。今節ホームに迎える鹿児島には、昨季のJ3得点王で、今季のここまで8ゴールを奪っているJ3屈指のストライカー藤本憲明がいる。広瀬は「去年の栃木にいたツグ君(大石治寿・現山口)に似ています。ゴール前の嗅覚があるし、シュート力もある」と警戒を強めたが、力強くこうも言い切った。

「隙を与えなければ、今の自分たちにはやられる感覚はありません。自分たちは自分たちの戦いをして勝つだけです」

広瀬健太と藤本憲明のマッチアップは必至。栃木の若きリーダー広瀬健太が、J3の個の頂上対決に完勝し、連勝を掴みに行く。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J3リーグ 第13節
6月17日(土)13:00KO 栃木グ
栃木SC vs 鹿児島ユナイテッドFC
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報