【水戸 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:福井諒司不在の中、期待がかかる細川淳矢の「ベテラン力」

2017年6月16日(金)


気づけば、来週24日で33歳を迎える。

「今までベテランらしいことはあまりやってこなかったんですけど、やっぱり『33歳』ってベテランなんですよね。僕が若い時に『33歳』って聞いたら、やっぱり『すごいベテラン』というイメージがあった。だから、意識はしないといけないと思っていますし、頼りになる存在になりたい」

そう話す細川淳矢(写真)のイメージするベテランというのは「調子の悪い試合を作らない」ことであり、「シーズン通して安定感を出せる」選手だという。

その点において、今季の細川は「ベテラン」らしいプレーを披露していると言えるだろう。開幕からDFラインを統率して、チームに安定をもたらしている。第6節山口戦でイージーミスからピンチを招き、翌節に先発から外れることとなったが、第8節群馬戦で先発に復帰すると、それ以降一度もチームは負けずにいる。一度パフォーマンスを落としても、そのままズルズルいかずに立て直してくる。それもベテランのなせる業。強いメンタルの証と言えるだろう。

常に声を張り上げ、最後尾からチームを鼓舞し続ける細川にとって、今節はベテランとしての進化が問われるゲームとなるだろう。開幕からセンターバックを組んできた福井諒司を出場停止で欠くこととなる。「諒司はすごくいい選手だし、ウマが合う」と語るように、2人の連係のよさが守備の安定をもたらしてきた。だが、福井がいなくても、守備を安定させ、強力な千葉の攻撃を封じ込めなければならない。そのためにも今まで以上の細川のリーダーシップが求められることとなる。

「諒司がいなくて負けたと思われるのは嫌。誰が出てもしっかりできることを証明したい」と細川は力を込めた。今節、「ベテラン力」を発揮して、12年以来の4連勝を引き寄せる。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
6月17日(土)18:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs ジェフユナイテッド千葉
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.2)

移籍情報