【岐阜 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:岐阜の新たな右SB、野澤英之

2017年6月24日(土)



「初めて右SBとしてのプレーだった。何度か突破を許しましたが、その中でもどこにポジションを取るのかとCBのカバーリングに関しては常に頭で考えながらプレーして。攻撃面はチームプレーを前提として、ある程度自由にやりました」と野澤英之(写真)は京都戦を終え、岐阜に帰ってきた後の練習の際に具体的にその試合(京都戦)について自身のプレーを振り返った。

本来、野澤のポジションは中盤である。今季よりFC東京から期限付き移籍で岐阜にやってきた選手で、MFとしてU-16やU-17など世代別の日本代表にも選ばれている素晴らしい経歴の持ち主でもある。
優しい表情で「SBでの対人の守備は苦手なんですよ」とプレーする際の苦労を語ってくれたが、それでも岐阜は野澤が右SBに入ることで攻守のバランスが良くなったように練習や試合を取材をしていて感じる。ポジショニングが的確で冷静、そしてあまり上がり過ぎずCBのカバーリングにも意識が行き届いている。
さらにビルドアップにチームが苦しむときは最終ラインの一角からボランチの役割のようにパスをさばけることもあってチームを安定させてくれている。大木監督もそういった野澤のポテンシャルを見越してSB起用に踏み切ったのだろう。

岐阜は現在リーグ戦8試合勝ちがない状況だが、野澤は現在のチームの勝ちきれない試合運びに対して「相手に圧力をかけられる時間帯も必ずある」と語り、そして「自分ももっと声をかけて状況を明確にして、前線の選手たちが守備に戻ってこなくていいようにしたい」と続けた。

今節・千葉戦は長良川での試合だけに、リーグ戦9試合ぶりの勝利がチームに求められている。追加点が取れず、死守しなければならない場面での失点が続くチーム状況の中、ここへきて右SBとしての野澤の台頭は本当に大きいものだ。自身のポテンシャルを十分に発揮し、チームを勝利に導いてほしい。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
6月25日(日)18:00KO 長良川
FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)