【徳島 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:島屋八徳の存在感。宮城リョータを「意識してますよ!(笑)」。

2017年6月30日(金)


今季から徳島のメンバーに加わった島屋八徳(写真)。その存在感は絶大だ。

前節・山形戦(6○1)では、2トップの渡大生と山﨑凌吾が2得点ずつ挙げる活躍もあって大勝。これで渡が12得点、山﨑が5得点。両選手とも前期日程を1試合残しながら、早くも自己記録タイに到達する躍動ぶり。そう、いまの徳島は渡と山﨑が目立っている。だが、その攻撃を循環をさせているのが島屋だ。

山形戦ではトップ下に入った。ビルドアップの起点になり、自らもドリブルで運び、姿が見えなくなったかと思えばベストなポジションで間を取る。「目に見える数字で結果には貢献できていませんが、そこに至るまでの部分では攻撃に絡めたと思います」(島屋)。どのプレーを取っても、センスしかない。リカルド ロドリゲス監督も「ヤツ(島屋)はインテリジェンスな選手。特に状況を読む能力が優れている」と信頼を寄せる。また、ゲームを読んでクレバーにプレーできるだけの選手ではない。「得点も取れる」(ロドリゲス監督)。様々な個性を持った選手が所属する徳島だが、島屋ほど万能な選手はいない。

得点は3得点とまだ目立ってはいないが、間違いなく量産体制に入る時期はやってくる。そのきっかけが、四国ダービーかもしれない。茶目っ気たっぷりな島屋、お祭り男となれるかどうか。ドリブル姿も髪型も、スラムダンクの宮城リョータな島屋の勇姿を見逃すな。

徳島の切り込み隊長ですよ・・・・・・・・・!! ホッホッホッ!!

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月1日(土)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs 愛媛FC
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報