【川崎F vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:家長昭博が徐々にフィット。攻撃面で違いをもたらす活躍に期待

2017年6月30日(金)


けが人の多さもあり、開幕から思うようにメンバーを固定できていなかった川崎Fが徐々にメンバーを固定しつつある。鬼木達監督的にはホッと一安心の状況なのかと思われたが、そう尋ねられた鬼木監督は「メンバーのところは色々試したいところがあります」と回答。その理由として季節の問題を口にする。

「夏場ですし、全員がいいコンディションで戦えるわけではないので」

だからこそ「色々と試しながら。特に前線のところ」と話していた。

前線については、幾つかのオプションが試されてきた。ここ最近は中村憲剛、小林悠、阿部浩之、登里享平の4枚が選ばれてきた。このセットに限らず川崎Fの前線は高い流動性を示しており、試合中に自在にポジションを変えるやり方は相手にとっては厄介極まりないものとなってきた。さらにこのメンバーに、長谷川竜也、三好康児といった選手が割り込もうと出番を狙っているが、ここに来てケガで出遅れていた家長昭博(写真)が調子を上げつつあり、メンバー入りに近づいてきている。

その家長については独特のリズムで攻撃にタメと間合いをもたらしてくれる一方、それがフロンターレのリズムに合っていないという実態があり、思うようにフィットできていなかった。その家長のリズムが合いつつあるのだという。鬼木監督は家長について違いを出してくれる選手だと評価。その上で「ボールに絡む回数が増えてくれば面白くなるかなと思ってます」と述べている。

ボールに絡むにはパスを引き出す必要がある。この部分について以前は、チームプレーに徹するあまり動きすぎていたという指摘が出ていた。その点を修正し、出し手が考えるタイミングで止まることができるようになっているという。例えば小林悠が次のように話している。家長が動きすぎていたのではないかという質問に対し「前は止まってほしいときがあったんですが、(最近は)ピタリと止まってくれたり、来なかったらまた動いてくれたり、ということを繰り返してくれてる」と回答。そうした動きの質の向上により、チームメイトはやりやすくなっていると話していた。

今季の川崎Fは、監督が交代し得点源が移籍したことで厳しい戦いが予想されてきた。だからこそ負けない勝負強さを示せてきたことについては評価できる部分だった。あとは川崎Fらしい爆発的な得点力を示せるのかどうかが注目されていた。そういう意味で、攻撃面で違いを出せる家長がフィットできればチームにとっては大きな戦力となるのは間違いない。

家長は、多くを語らない選手だが、淡々とチームのやり方を理解する努力を続けてきた。そろそろその成果をゴールにつながる働きで示してほしいのだがどうなるだろうか。

写真・文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第17節
7月1日(土)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs ヴィッセル神戸
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.6)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.1)

移籍情報