【新潟 vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:絶体絶命のチームを小川佳純のクオリティーが変える。

2017年8月18日(金)

【写真】サガン鳥栖在籍時の小川佳純

「小川君は経験があるし、人を使いながら自分を生かすことができる。それは“止める、蹴る”のレベルが高いから。どう周りと連動するか、うちの中盤の若手選手に覚えてほしいことはたくさんあるし、とても勉強になると思う」

FW富山貴光とともに鳥栖から期限付きで加入したMF小川佳純について、自身が経験豊富なベテランDF富澤清太郎の期待のコメントである。

水曜日のトレーニングは、チームに合流してまだ4日目。小川にとって初の紅白戦では、4-2-3-1のトップ下に入り、細かくパス交換しながらさっそくリズムを刻み始めていた。

しかも、流れの中から2得点。そのうちの1得点はボランチの加藤大にボールを落とした後、素早く前のスペースに動き出し、加藤からのフィードを右サイドで受けたホニのクロスを軽やかに合わせたもので、そのプレースタイルを端的に物語っていた。

ボールを受けるために動き、受けてはたいてまた動く。味方の位置に細かく気を配りながらポジションを取り、しかもイージーミスが少ないので自然に落ち着き、連動性が生まれる。トップ下の現在のレギュラー、チアゴ ガリャルドが決定的なパスを出すため自由奔放に動いてボールを受けようとするのに比べれば、タクトの振るい方がまるで異なるのだ。

10年間プレーした名古屋から今シーズン、鳥栖に移籍。リーグ戦出場は5試合とプレー機会が少ない中で、最下位に沈む新潟から、ぜひ力を貸してほしいと請われた。ピッチに立って自身の価値を改めて示すことが、窮地の新潟を救うことに直結する。それが、オレンジのユニフォームをまとう最大のモチベーションだ。

「苦しい状況だけれど、変われるというのをプレーで見せたい。自分は守備的な選手ではないので、出たポジションでどうすれば攻撃がうまくいくか、考えながらプレーする。ボールを保持する時間を長くして、ゴールに絡めれば」

前節、同じく降格圏に沈む大宮にも敗れて3連敗となったチームは、3試合ノーゴール。円熟のMFは、新たなチームの危機的な状況と閉塞感を打ち破る起爆剤となることを目指す。カギは、本人よりもチームサイドにあるだろう。そのクオリティーを、チームがどれだけ早く引き出せるかに懸かっている。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J1リーグ 第23節
8月19日(土)19:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs ベガルタ仙台
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報