【山口 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:強い結束と準備に支えられた吉満劇場。妥協なき練習でチーム浮揚目指す

2017年9月8日(金)


山口は前節、京都と対戦し、田中マルクス闘莉王やケヴィン オリスなどからの猛攻を1失点で耐え抜き、3試合ぶりの勝利を飾った。立役者は言うまでもなく好セーブを連発したGK吉満大介(写真)だった。

京都戦の前2試合は計8失点と山口ディフェンスは振るわなかった。GKに責があるのではなく、チーム全体の守備が緩く何度も好位置からシュートを打たれていた。それでも吉満はメンタルで落ち込むことはなくトレーニングに集中。「マイナスに行っても自分に得なことは一つもない。修正するためにどうするか。コーチの助言に真摯に向き合うことが大事だ」。迎えた京都戦。「いつもこれが最後の試合だと思って臨んでいるが、特に京都戦(の前)は連敗していた。どうにか力になりたかった」といつも以上の気合いでゲームに入った。

平井直人GKコーチからはポジショニングを徹底して教え込まれてきた。「ポジショニングが良くないと相手の意図したところに蹴られたときに反応できない。出られなくてノーチャンスで決められてしまう」。相手ボールのときはもちろん、味方がボールを持っているときも細かくポジションを取る。成果は少しずつ現れた。京都戦でも、一か八かの読みではなく「来た攻撃に対していい準備する。それを意識していた」ことがいくつもの安定したセービングに繋がった。

同節では他の2人のGKがケガなどで出られず、平井コーチも古巣戦で選手登録し、ユニフォーム姿で吉満に指示を送った。平井コーチは「しっかり集中してやってくれた。準備がしっかりできていた」と吉満を評価するとともに、こうも注文を付けた。「もっともっとやらないといけないことがある。3人に日本代表を目指して戦おうと話している」。京都戦を控えた前日練習では平井コーチと3人のGKが円陣を組んで「頑張ろう」と声を掛け合った。フィールドプレーヤーと違って一人しかピッチには立てないが、結束は固く、それぞれの成長への意欲がチーム力となってきている。

ベストセーブのランキングで1位と2位に入った。ただ、正GKの座が約束されているわけではない。「何回も続けばいいがまだ1回。今の立ち位置には満足していない。課題を一つひとつクリアし、100に近づけるようにしたい」と力が入る。今節は首位湘南をホームに迎える。チームを苦境から救うにも、代表を目指して成長を続けるためにも、打破しなければならない難敵だ。「どの試合も自分たちよりも格上。上のチームに勝つことは自信になるし経験になる。もっともっとヤマグチ一番(勝利後のラインダンス)ができるように必死に守りたい」。今節も山口のゴール前で、大きな存在となる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第32節
9月9日(土)18:00KO 維新公園
レノファ山口FC vs 湘南ベルマーレ