【浦和 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:槙野智章、決意新たに リーグ再開で存在感を示せ

2017年9月8日(金)


嬉しさと、悔しさが同居する心境だった。8月31日、日本代表はアジア最終予選のオーストラリア戦で2ー0の勝利を収め、6大会連続のワールドカップ出場を決めたが、槙野智章(写真)はその瞬間をベンチから見守っていた。

ヴァイッド ハリルホジッチ監督が就任した当初はスタメンとして起用されていた槙野だが、吉田麻也の相棒の座は次第に同世代の森重真人に譲る形となり、その森重がメンバーから外れると、次は年下の昌子源に押しのけられた。現在はサイドバックとセンターバックの両方をこなせるということもあって、控えの立場が続いている。

ハリルジャパン結成当初からチームの一員として戦ってきただけに、チームとしてロシア行きの切符を手にできたことに喜びはあるが、同時に唇を噛む思いもしてきた。

「こういう時間に携わることができたことは良かったと思いますけど、本当の勝負はここからだと思っています。出場権を獲得できたのはうれしいですけど、ここから反骨心を持ってやらないといけない」

ハリルホジッチ監督は前回大会で指揮を執ったアルベルト ザッケローニ監督と異なり、その時のコンディションや日常のパフォーマンスも重視する。重要なオーストラリア戦で浅野拓磨や井手口陽介といった経験の浅い若手を抜擢したように、大胆なメンバーの入れ替えを恐れない監督だ。まだまだ巻き返しのチャンスはある。

槙野も「若い選手もそうだし、経験あるなしに関係なく、とにかく動ける選手をチョイスした上で結果を出す」と指揮官の性質を理解した上で「そういう意味では上の選手も負けていられないし、もう少し戦う姿勢を持たないといけない」と闘志を燃やす。

ただ、下克上のチャンスがあるということは同時に、ふるいにかけられて今の立場さえ失う危険性もあるということだ。これからも競争を生き抜き、そして最終的にポジションを掴み取るためには、まず所属クラブの浦和で突出したパフォーマンスを示す必要がある。

今できることは目の前の試合でベストを尽くすことのみ。浦和にすべてを捧げる覚悟で戦うことが、ロシアへの道も切り開いていくことになる。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第25節
9月9日(土)19:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 柏レイソル