【金沢 vs 名古屋】 ウォーミングアップコラム:作田裕次がベンチから見た景色と、ピッチにもたらすもの

2017年9月16日(土)


今節・名古屋戦は出場停止のビョン ジュンボンに代わり、作田裕次(写真)の先発が濃厚だ。シーズン序盤からセンターバックとして先発出場を続けていた作田だが、最近は新戦力の加入もあり、控えに回ることが多かった。ただ、それはチームを客観視する機会になったようだ。

「最近はちょっと元気がない。ハーフタイムも暗かったりする部分もあった。もしかしたら、試合の中でもそんな感じになっているんじゃないか。練習中も試合に出ている組はちょっと声が少ない気もしている」。

だからこそ、自身の気づきをチームに還元する。「常に声を出そうと思っている。盛り上げる声、指示する声を常に出していかないといけない。外からプレーを見ている中で、声が大事だと改めて気づいた。雰囲気もちょっと良くないし、みんなで盛り上げていかないといけない」。

やはり、作田も声の重要性を口にした。「みんな全然足りない。雰囲気やゲーム中の声は一人がやってもできない。今日(14日の練習)、後ろが(白井)裕人だったけど、裕人は常に声を出している。それをもとに、こっちも後ろから声を出さないといけない。ただ声を出すだけではなくて、指示する声やいまのバランスを見てどこに誰を配置するという要素もある」。声量だけではなく、その質も求めていく。

チームは10戦勝ちなし、2分8敗の泥沼である。「もういまは結果が大事。危機感が消えたことはない」。

背番号3が約1ヶ月ぶりにピッチに立つ。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第33節
9月17日(日)17:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 名古屋グランパス