【愛媛 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:大阪桐蔭コンビ・白井康介、丹羽詩温が育むプロの舞台でのホットライン

2017年9月23日(土)



第32節・福岡戦で勝利を手繰り寄せる決勝ゴールを決めたルーキー丹羽詩温(写真右)。そして、そのゴールをお膳立てするアシストを記録したのは白井康介(写真左)。今季よりJの舞台でチームメイトとなったこの二人、実は高校時代に大阪桐蔭高校でもチームメイトとしてプレーした同級生コンビでもある。

「イメージどおりだった」(白井)という決勝ゴールが生まれた理由は高校時代からお互いの特徴を理解するからかと思いきや、そうではないようだ。
高校時代、白井は得意のキレのあるドリブルを武器に一人でゴール前に持ち込んでゴールを量産。丹羽にアシストすることはほとんどなく、「どちらかというと詩温のほうがお膳立てするような感じだった」(白井)という。

しかし、高卒でひと足先にプロの世界で揉まれていた白井は「(白井)康介はドリブルだけじゃなく、クロスやロングボールで合わせるスキルがある」(丹羽)とプレーの幅も広げており、再びチームメイトとなった今季にあらためて旧交を温めるとともにお互いの成長したプレースタイルを共有。それが福岡戦でのゴールにつながったという。

白井から丹羽へのアシストは第26節・名古屋戦に続いてまだ2つ目だが、確実にそのホットラインはより確かなものになりつつある。その“ホット”な熱が冷めぬうちに今節の横浜FC戦でも勝利に導くゴールを生み出して欲しいものだ。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第34節
9月24日(日)16:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 横浜FC
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報