【北九州 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:労を惜しまぬ茂平。チームを助け、笑顔を運ぶ全力疾走

2017年10月14日(土)


北九州は今、流れを変えられる選手が求められている。例えばうねりを自ら生み出し、ゴールへと向かえる選手。北九州でその筆頭に挙げられるのは、今季、奈良クラブから移籍加入した茂平(写真)だ。

言うまでもなくストロングポイントはユース時代から発揮してきたスピード。軽やかに駆け、ステップは鋭敏に前線へと動いていく。夏場以降は途中出場の試合が多く、「最初のほうはゲームに入りづらいときもあった」と言うが、今では試合途中からの投入でもフィットして持ち味を見せつける。

ただ、北九州は試合終盤の失点が目立ち、茂がピッチに立つ時間帯は重心が低くなりがち。走る距離も伸びてしまうが、フレッシュな逸材に原田武男監督は「スピードのある選手なので背後への動き出しをしてほしい。そして彼にとって必要なのはゴールのところだと思う。点を取ることで茂の自信にも繋がる」と期待を寄せる。厭わぬ全力疾走でチームエンジンの再着火とJ初ゴールを狙いたい。

今節は昇格争いのライバルの一つ、鹿児島をホームに迎える。茂は「鹿児島はポゼッションしながら攻めてくる。受け身になるときつくなるので、行くところは行く。追っていって、しっかり奪えればチャンスは作れると思う」と語気を強め、「そういう姿勢を見せるだけでも相手は嫌だと感じる。少しでも競り合い、寄せていく。ちょっとのところだが、そういうのが大事」だと強調した。
北九州が8位に甘んじている要因もそこにあるだろう。あと一歩、あと一秒、あと一メートル。それを厭わずに走れるか。茂は妥協を許さない。

理想としているのは清武弘嗣だ。「ユースのときから目指している選手。常に動いて、労を惜しまない。チームのために動く。上手いだけでなく、そういうところをしっかりとやっている」。大分ユースの先輩の背を追い、茂はこう続けた。「自分もチームの仲間を助けるため、みんなの分まで動き、カバーする気持ちを持って臨みたい」。

汗を流してボールを奪い、スピードを生かして運び、得点を目指す。「裏に抜け出したり、クロスに入っていったりしたい。ゴール前に顔を出して、初ゴールを決めたいというイメージがある」と得点への想像もめぐらす。もちろんゴールの先にあるのはチームの勝利であり、サポーターの笑顔だ。「ミクスタの雰囲気はいい。点を取って、いつも応援してもらっているサポーターに恩返しができればと思う」。
チームの昇格のため、茂平が風を切り、青々としたミクスタの芝を駆けていく。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第27節
10月15日(日)14:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs 鹿児島ユナイテッドFC
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (5.0)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (4.0)