【富山 vs 藤枝】 ウォーミングアップコラム:新風吹き込む佐藤和樹&登崎雅貴

2017年10月14日(土)


富山は残り7試合にJ2昇格をかける。夏の中断期間が明けてから前節まで2勝2分4敗と苦しい戦いが続いている。しかしアウェイで行われた前節の福島戦は1-0でなんとかものにした。前半にみせた縦にスピーディーな攻め、後半の忍耐強い守りに復調の兆しが感じられる。ホームに戻る今節の藤枝戦で勝利を収めて上昇気流に乗りたい。

前節は若手2人がチームに新風を吹き込んだ。24歳の左サイドバック佐藤和樹選手(写真:左)と23歳のセンターバック登崎雅貴選手(写真:右)だ。
佐藤選手は先月に水戸から加入して初めての先発出場だったが、効果的な攻撃参加とゴールを襲う鋭いクロスボールでセンスの一端を示し、後半4分にはCKのキッカーを務めて先制点をアシストした。リーグ戦での先発は昨年4月のJ2第7節以来。「試合に出ることで改善点も見つかるので、(パフォーマンスは)これからもっと良くなる」と話しており、さらなる活躍に期待がかかる。

登崎選手は常葉大卒のルーキー。初めて先発出場した第23節・沼津戦では納得のいくプレーができないままチームも敗れ、「信頼を取り戻すために練習からしっかりやっていく」と決意を新たにした。3度目の先発となった前節は持ち味である対人の強さを発揮して相手の長身FWをよく抑えて貢献。苦い経験を糧にして成長している。

ホームでは7月1日の第15節・北九州戦を最後に白星から遠ざかっている。2人のはつらつとしたプレーでサポーターに勝利を届けてほしい。

文:赤壁逸朗(富山担当)


明治安田生命J3リーグ 第27節
10月15日(日)13:00KO 富山
カターレ富山 vs 藤枝MYFC
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)