【盛岡 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:「体を張れるスイッチャー」垣根拓也のターンが前への矢印をつくる

2017年10月14日(土)


「個人としてうまくいかないことが多いシーズンだなと感じています」
ここまでのシーズンの印象について、垣根拓也(写真)はこのように応えた。中盤で体を張って奪いきる。縦につけるパス、シュートシーンにつなげるキーパスでチャンスをつくる。こういった本来の良さは鳴りを潜めている。

「今、チームは相手の背後にボールを送り込む共通認識を強くしていますけど、前半戦の内容が良ければやり方も変わらなかったと思うのでふがいなさを感じます」

現代のフットボールにおいて、ボランチはゲームコントロールの中心を担うポジションだ。オフ・ザ・ボールではいつどこでどのようにボールを受けるか、オン・ザ・ボールではどのタイミングでどういうボールを送るか。そしてその準備の重要度が極めて高く、それぞれが試合を動かすスイッチとなる。

「相手プレーヤーの矢印を変えるという作業はやっていてすごく楽しいです。課題はターン。タカさん(髙﨑康嗣コーチ)にももっとターンを要求されますし、やらなければならない自覚もあります」
マークを外して狭いエリアでターンができれば、それだけチームとして前方向に矢印を向ける回数は増えてくる。そこから相手のマーカーの狙いを外したパスを正確に出すことで、攻撃が加速していく。

全体練習後、垣根と髙﨑コーチはたびたび居残り練習を行う。70cm程度のグリッドの中でのターン、あるいはスローインのボールをワンタッチでターンするトレーニング。体の向きや足のどのポイントでコントロールするかなど、その要求は決して低くないが、その成果を終盤戦で示すことは、自身が欲する結果、つまり勝点3を手繰り寄せることにつながるはずだ。髙﨑コーチも「足りないところはたくさんあるけど、サッカーに対する理解力がある」と垣根を評価。「あとはプレーで表現するだけ」と背番号6に対する期待と叱咤激励を込めた言葉を贈る。

リーグ戦は残すところ7試合。佳境を迎える終盤戦、盛岡の「体を張れるスイッチャー」はどのようなプレーをみせるのか。「終盤戦は何より結果にこだわる」と断言する垣根からは不断の決意がにじみ出る。

文:高橋拓磨<cross Line>(盛岡担当)


明治安田生命J3リーグ 第27節
10月15日(日)13:00KO いわスタ
グルージャ盛岡 vs FC琉球
いわぎんスタジアム(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.3)