【F東23 vs 福島】 ウォーミングアップコラム:J1デビューのリッピ ヴェローゾに続け FC東京U-23のMF内田宅哉が目指す最高の形

2017年10月27日(金)


「結果を出したい」

FC東京U-23のMF内田宅哉(写真)は、その言葉を繰り返し吐き出した。今季J3で、21試合出場1得点。今季ルヴァンカップで、トップチー厶の試合にも途中出場を果たした。「その経験は大きかった」という万能MFは、さらなるチャンスをつかむために今季J3の残り試合で数字にこだわる。

「まずは結果を残すことが大事。ゴールが取れれば一番だけど、アシストだったり、結果に通じるプレーをしたい」

 一方で、21日に味スタで開催されたJ1札幌戦で、今季共にJ3を戦っていたリッピ ヴェローゾが途中出場でトップチー厶デビューを飾った。そのことを聞かれると、内田はこう答えた。

 「(自分も)J1に乗り込めるように結果を出していきたい。数字を残した方が分かりやすいので、とにかく結果を残せるようにしたい。ゴール、アシストをたくさんしてチームの勝利に貢献したいですし、もちろんチャンスがあれば残りのシーズンでJ1の試合にも出たい。そのチャンスをつかめればいいと思います」

28日に味フィ西で対戦する福島は、内田が今季唯一得点を挙げた相手。「どのポジションをやるか分からないけど、前回対戦した時のようにドリブルから中に切り込んでのミドルは、自分の武器にしていきたい形。その最高の形を見せたい」と言う。

現在4戦負けなしで勢いに残るFC東京U-23。そのJ3のメンバーが中心となった控え組は、J1を戦う主力組相手に紅白戦でも互角の内容を見せ始めている。「遜色なくできている実感はあるので、細かい質や結果を追求していきたい」と、内田。この万能MFが、チームの無敗記録をさらに伸ばすために今季2点目を欲する。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
10月28日(土)14:00KO 味フィ西
FC東京U−23 vs 福島ユナイテッドFC
味の素フィールド西が丘(FC東京U−23)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.0)
グルメ (1.8)
アウェイお楽しみ (2.2)

移籍情報