【C大阪 vs 川崎F】 C大阪側ウォーミングアップコラム:語り継がれる伝説を作るべく、必ず勝って初冠を取る!/C大阪

2017年11月3日(金)


J1に3シーズンぶりに復帰できたからこそ、C大阪が臨めた舞台、JリーグYBCルヴァンカップ。そこで、チームは主にリーグ戦では主力ではないメンバーが主体となって試合を重ねてきたが、粘り強い戦いを続けて、グループステージを4勝2分け、グループBを2位で終え、プレーオフステージも2連勝。ノックアウトステージではベスト8の壁を7度目の挑戦にして初めて乗り越え、準決勝では宿敵・G大阪との死闘の末、土壇場に生まれた木本恭生のゴールにより劇的勝利。初めて決勝に進むことができた。ルヴァンカップ躍進の象徴ともなった木本や、この大会で存在をアピールした福満隆貴をはじめ、チームにはニューヒーローも生まれてきたが、ここまでやってくることができたのは、歌のタイトルというわけではないが、まさに、『みんながみんな英雄』だったからといっても、言い過ぎではないだろう。選手たちの奮闘をそばで見守ってきた小菊昭雄コーチも、チームとしての成長を実感している。

「彼ら選手たちも、もちろんリーグ戦(のレギュラー)に向けてチャレンジはするのですが、そこでもし11人に入らなかったとしても、平行して行われるカップ戦でチャンスは来るからということで、ずっと高い意識で、最初の立ち上げから、キャンプから、シーズンがスタートしても臨めたことが、(ルヴァンカップ決勝まで進めた要因として)一番大きかったと思います」。チーム内全体の競争意識が、J1リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯を戦っていくなかで、相乗効果で好成績を生み出しているのは、今季の結果が証明している。

「もう1つは、今、『ルヴァン組』といわれる選手たちで、特にシャケ(酒本憲幸)、茂庭(照幸)、(藤本)康太、関口(訓充)、田中裕介とか丹野(研太)もそうですが、本当に素晴らしい人間性を兼ね備えた選手たちを中心に、チームを引っ張っていく、そういう過程を見ることができた。それは、僕自身もすごく幸せな時間でしたし、本当に感謝の気持ちと同時に、すごく勉強になった大会でした」。桜色のチームを愛するベテランの奮闘こそ、一体感を生んだと、小菊コーチは強調する。

「どのゲームでも僅差で、内容的にもちょっと厳しいゲームが多かったし、ベストで来るチームも当然あるなかで、そういったチームにも、しっかりと、『ルヴァン組』を中心としたチームが勝つことができた。そこで、準備をしっかりするところ、いざ試合に入ったときの集中力(の高さ)、この1試合に懸ける全員の想い、ハードワークの重要性や、サッカーは当然ですがチームスポーツなんだということを、彼らから改めて学んだというか。結局、ここまで負けなしで『ルヴァン組』が役割を全うしてバトンをつないだということは、本当に、このクラブにとっては、今後、U-23チームやアカデミーも含めて、すごく大きな意味を持つと思います」

だからこそ、悲願のタイトル獲得を、今こそ実現したい思いが、小菊コーチをはじめ、C大阪に関わる人すべてに、強いものがある。「その大きな意味を、より持たせるためにも、勝って、語り継がれるような伝説を作ってほしいと思いますし、そういう彼ら(『ルヴァン組』)の思いというのは、試合に出る選手たちが、当然背負って戦うわけですから。だから、僕は本当に間違いなく優勝できると思いますし、そういう強い意気込みが、この1週間、ひしひしとそういうのがグラウンドから伝わってきていたので。本当に決勝戦が楽しみですし、みんなで勝ちに行きたいなと思いますし、喜びたいなと思います」。ベテランから若手まで、総力を尽くして勝ち取ったルヴァンカップ、ファイナルの舞台。歴史に名を刻むべく、C大阪はチーム一丸となって、勝利を、栄冠を、取りに行く。カップをピンクに染めるために。

文:前田敏勝(C大阪担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
11月4日(土)13:05KO 埼玉
セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集