【金沢 vs 水戸】 ウォーミングアップコラム:前節移籍後初ゴールの沼田圭悟、ホームでの得点に意欲

2017年11月18日(土)


前節・熊本戦、沼田圭悟(写真)に移籍後初ゴールが生まれた。「良い感じで右サイドから球が入ってきて、こぼれ球をシュートという感じ。ああいうところに入っていけたのは良かったし、シュートもイメージ通り。気持ち良いゴールだった」。

これまでの試合でも何度か惜しい場面があっただけに、喜びも大きい。「ついに入りました。お待たせしました。めっちゃうれしかった。『えっ、入った!』と思って、喜び方をミスりました。本来はもうサポーターの方に走り回りたかった。でも、呆然と立ち尽くしてしまった」。

シーズン途中に金沢へ完全移籍加入した沼田は、左SBとしてスタメンに定着。「とりあえず試合に出て、やりたいことをやろうと思っていた。監督の意図を汲みつつ、(移籍当初)勝てていない状況の中で、そこに慣れても仕方ないので、味を出していこうと思っていた」。

沼田は落ち着いてボールを保持して左サイドから攻撃を組み立てる。右SB・石田崚真のクロスに中で味方が合わせるのはいまや定番の形で、チームの共通認識。その右サイドに比べると、沼田が高い位置を取る場面は多くないものの、彼も攻撃に強み持つ。「もっと上がって点に絡みたいし、アシストもゴールも取りたいけど、バランスを見ながら」と、全体を見渡してプレーする。

今節・水戸戦が今季最終戦。沼田は「今年の集大成を見せたいし、ホームで点を取りたい」と意気込む。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第42節
11月19日(日)16:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 水戸ホーリーホック

スタジアムナビ

スタジアムナビ