【2018シーズン始動!】甲府:新体制発表記者会見での出席者コメント(1)

2018年1月14日(日)

1月14日(日)、甲府の新体制発表記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------


●輿水順雄社長
「本日は新体制記者発表にお集まり頂いてありがとうございます。ヴァンフォーレ甲府がこうしてJリーグで戦うことができますのは、ファン・サポーター、スポンサー、ボランティア、サッカー協会、行政をはじめ多くの身元の皆様の熱いご声援のお陰です。この場をお借りして御礼を申し上げます。昨年は勝点1差でJ2 降格となりました。本当に惜しい、悔しいシーズンでありました。その悔しい思いを胸に、今年は1年でのJ1復帰を目指して頑張ります。ここに勢揃いしたメンバーは新たな挑戦の思いを胸にヴァンフォーレの一員になってくれた選手・スタッフの皆さんです。心より歓迎するとともに大いに期待しています。



ここでクラブスローガンの披露をさせて頂きます。『完遂、プロヴィンチアの挑戦』。これまで5年間必死にJ1リーグの戦いを続けてきました。しかし、昨シーズンはJ1残留を勝ち取ることができませんでした。今シーズンはヴァンフォーレ甲府に関わる全ての人が味わった昨年の悔しさを忘れることなく、必ず1年でJ1復帰を目指すと決意し、険しいJ2リーグの戦いを勝ち抜く覚悟を持って我々は突き進んで行きます。

クラブがこれまで積み上げてきたことに新たな活力を加えて全身全霊で戦い、明確な目標を成し遂げられるように「完遂」という文字に思いを込めてスローガンにしました。また、2013年から掲げているサブタイトルの「プロヴィンチアの挑戦」は今シーズンも継続し、地方の市民クラブがリーグのカテゴリーに関係なく、この山梨県を代表して戦う強い意志を表し、使用していきます。このスローガンのもと、1年間を戦い抜き、J1復帰という目標を果たしたいと思います。今シーズンのヴァンフォーレ甲府にご期待ください」

●佐久間悟副社長兼任GM
「まず最初にヴァンフォーレ甲府に対しまして多大なるご支援、ご協力を頂いている多くの皆様に心から感謝申し上げたいと思います。この会見は昨年同様に私共のスポンサー様でございます株式会社フォネット様のライブ配信があるということで、大変光栄に感じています。ありがとうございます。

私からは今シーズンのチーム編成についてご説明させていただきます。昨シーズンはヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様から期待、ご声援を頂いたにもかかわらず、願いが叶わずにJ1残留を達成できませんでした。この結果は、ひとえに私、現場の最高責任者として力不足であり、大いに反省しているところであります。同時に責任を痛感し続けているところであります。しかし、昨年の12月2日以降落胆し続けている訳にもいきませんので、この1か月間はひたすら前進をするという強い気持ちを持ってチーム編成にあたってまいりました。

今シーズンは6シーズンぶりのJ2リーグを戦うことになりますが、吉田達磨監督と二人三脚でJ1復帰を果たす覚悟です。吉田監督には昨年同様に重責を担っていただくことになりますが、J1に復帰することはもちろんのこと、甲府のスタイルを構築するために全身全霊をかたむけて頂ければと、期待をしているところであります。

チーム編成の具体的な内容は降格した影響による選手人件費の削減と他クラブへの移籍という現実の中で、吉田監督とこれまで通り意見交換をさせて頂きながら編成をしてまいりました。自分でいうのもなんですが、粘り強い作業の甲斐もあって私自身は現時点ではおおむね90%の完成度までたどり着けたのかなぁと思っています。

具体的な補強のポイントとして6つ挙げました。1つ目は既存戦力。昨年までの主力選手、J2降格による様々な制約の中でも既存戦力を何がなんでも確保するということ。まずこれが1つ目。2つ目は世代の交代。年齢を少しずつ若返らせていく。そこに着手しました。3つ目としては吉田監督のサッカーでいいますと、技術力、これを高めなければ監督の願っているサッカーのスタイルをなかなか構築することができないというところで、パスの質、シュートの質、クロスボールの質を高められるような選手にオファーしました。4つ目はフィジカル面でより速く、より長く持久性を含めて攻守の切り替えをスムーズにできるような、そういう高さ、早さ、スピード、そういうフィジカルコンディションを高められる選手にもオファーをしました。5つ目は攻撃面に明確なタスクを与えられる選手。先ほどの技術面とリンクするかもしれませんが、クロスボールをしっかりと蹴る、あるいは、ストライカーとして点を取り続けることができる、いわゆるフィニッシュですね。そういう選手にもオファーをさせて頂きました。6つ目は覚悟です。ここに揃っている選手は昨年、決して100%のパフォーマンスを各チームで提供できたかというと、私はそうではなくて、その悔しさを持って我々のチームで今シーズン、我々も悔しい思いをしてJ2スタートになりました、同じ熱量を持ってリーグ戦を戦うことができる。そういう選手を集めたいという監督のリクエストもありましたんで、あえて悔しさを持っている選手にこのクラブに来ていただいたということになります。今後は100%に近づけられるようにキャンプ中の練習参加を含めて継続して適宜戦力補強をしていく考えであります。

今シーズンの具体的な目標としましてはリーグ戦においては勝点90になるべく近づける。30勝、自動昇格をまずはファーストターゲットとして何がなんでも達成したい。例年、得点力不足ということもありましたので、J2リーグは厳しい簡単なリーグではないと思いますが、平均得点は1,7以上、平均失点は0,9点台、1点以下を目指すことになります。降格したチームの中で私たちはルヴァンカップに参加させて頂けるということもあります。ルヴァンカップ、天皇杯につきましても、天皇杯はここ2シーズンあまりい結果ではありませんので、J1に5年間いたクラブの誇りを持ちながら全力で取り組んでまいりたい。

最後になりますけれど、今シーズンは私自身も久しぶりのJ2リーグということであります。私はこれまで過去に経験したJ2が4シーズンありますがそれと比較すると他のチームとの力が非常に拮抗しているということがあります。我々の目標を達成するためには、J1クラブであったということをいい意味で忘れて挑戦者であるんだという強い精神力を持ってこのリーグに臨む必要があるとと考えています。また、昨年シーズンを振り返ってみますと何となく幸運に見放されているなぁということがたくさんありましたので、是非今シーズンは山梨県民の皆様には、不適切な言い方かもしれないですが、ヴァンフォーレがJ1に復帰することを県民運動にしていただけるようなご声援、ご支援を頂いて幸運をもたらせて頂けたらなと思います」



●吉田達磨監督
「J2に降格して今日が初めてのオフィシャルの場になります。沢山の皆様にお集まりいただいたありがとうございます。このクラブに来て指揮を取って2年目、降格させてしまった監督となったわけですけど、たくさんお集まりいただいた皆様の背中には市民の皆様、県民の皆様、全国のヴァンフォーレのファン・サポーターの皆様がいると思っています。その思いを形にできるように2018年こそは、先ほど社長の輿水からスローガンの発表がありましたが『完遂』、とにかく成し遂げる。僕らに与えられたJ1昇格というたった一つの目標を成し遂げようと思っています。今、佐久間から昨年の振り返りがありましたが昨年結果として勝ち点1差のよって降格となりました。ただ、チーム、選手の戦いぶり、成長に関しては監督としてはもちろん、指導者として彼らの頑張り、成長、努力には誇りを持っています。そこの成長、努力は今シーズンも選手には何がなんでも継続してもらって、ヴァンフォーレ甲府として本当に久々のJ2リーグの戦いになりますが、その間にJ2クラブ、日本サッカーの発展があり、厳しいというよりも険しいという言葉になるかもしれませんがその戦いを何がなんでも制して、また、昨年12月2日まで戦っていたあの舞台に帰る。最終戦を小瀬で戦い、リンスのゴールで勝ったわけですが、あの時のスタジアムの雰囲気、歓喜と静けさ、両方が混在する雰囲気と空気…。試合後の声援と厳しい言葉、その全てを私自身が忘れずに今シーズンをスタートし、トレーニングは1月11日から3日間行っていますが、1月11日のスタート、今日ここで話しているスタート、それを今シーズン最後の最終戦を迎えるまで忘れずに、その想い、気持ち、モチベーションを同じにして2018シーズンを終えられるように精進していきたいと思います。

私の隣にいる伊藤彰ヘッドコーチ、ここに来てくれた彼と共に強いヴァンフォーレ甲府、魅力的なヴァンフォーレ甲府を創っていきたいと思います。後ろに並んでいる、加わってくれた選手たち、先ほど佐久間からありましたけど、僕たちに足りないものを、もしくは僕たちに合っているもの、そういったタレント。あとは山梨県に所縁がある選手たち。ただ所縁があるから来たわけではなく、彼らには十分な実力と実績があるからここに来ている訳で、新しく加わった選手たちと、あとはこういった契約社会の中で、しかもJ2降格という中でたくさんの選手の流出が危ぶまれる中で残ってくれた選手と共に…選手が残るために努力をしてくれたクラブのためにも勝ちぬいていく。そして、このチームを早くファン・サポーターの皆様に見て頂きたいと思うような3日間のトレーニングでした。最後の最後までテンション、エネルギーが続いて行くような、そんな2018シーズンにしていきたいなぁと思っています。皆様におかれましては、今シーズンも変わらぬ、むしろ熱くというサポートをよろしくお願いします」

新体制発表記者会見での出席者コメント(2)はこちら!
新体制発表記者会見での出席者コメント(3)はこちら!


J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで甲府のホームスタジアム「山梨中銀スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)

スタジアムナビ