【2018シーズン始動!】愛媛:新体制発表での出席者コメント

2018年1月14日(日)

1月14日(日)、愛媛の新体制発表が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



●村上忠社長
「今日はお集まりいただきありがとうございます。今季、愛媛FCは13年目のシーズンを迎えることになります。会社、チームとしてこの12年というものは一進一退を繰り返してきた歴史なのではないかと思います。その12年の中でプロサッカーチームとしての基礎を追求し、まずは会社として、チームとして確実性のある訴求をしてきたのではないかと思います。昨年はそこから一歩抜け出すために間瀬監督が攻撃に一歩スタンスを置いた『守破離(しゅはり)』の『破』を攻撃的スタンスという形で結んできたと思っています。今シーズンはそれをさらに洗練させ、守破離の『離』を目指すべきだと思っています。形を守り、形を破り、形を離れる。そういう守破離でございますが、J2という形を離れるという時が本気で来たと考えております。信じること、挑むこと、与えることを忘れずに戦えば大きなことをこの愛媛にもたらすことができるのではないかと考えています。愛媛という地域に何かをもたらすとか、愛媛というチームは夢と現実は別のものではない。全力で努力を積み重ねることで現実は夢にどんどん近づいていけるのだということを、愛媛の人、特に子供たちに示していきたいと思っております。今シーズンは皆様の応援、声援を一声も無駄にすることなく、会社、チーム一丸となって頑張っていきたいと思っております。目指すべき目標はJ2を離れる、プレーオフ進出と考えております。どうぞよろしくお願いいたします」

●間瀬秀一監督
「皆さんこんにちは。まず最初に今季も私を愛媛FCの監督として指名していただけたことに誇りを感じ、そして感謝しています。そして今季も選手、スタッフ、愛媛のサポーターの皆さんとこの1年を戦えることを大変嬉しく感じています。昨年積み上げてきたものに対して、今季はさらに緻密さとバリエーションで勝負していきたいと思っています。選手、スタッフとは確認をし合いましたが、昨年一人一人が過去最高のパフォーマンスを発揮しようと。それは今季も継続していきたいと思っています。過去最高のパフォーマンスを発揮することを一人一人が今季、様々なことが起こる中で、どんな時も揺るがない団結というチームのつながりをもってしっかりと戦いたいと思います。自分に目を向けたところで言えば、誰よりも私が戦う意思をもってやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

●岡本昌弘選手
「こんにちは。ジェフユナイテッド千葉から来ました、背番号1番、岡本昌弘です。よろしくお願いします。目標は本気でJ1に上がりたいと思っています。そのためにできることを全力でやっていきたいと思います」

●山﨑浩介選手
「こんにちは。明治大学から加入してきました、背番号2番、山﨑浩介です。自分の特徴としましては、体の強さを生かした守備と、攻撃面では最終ラインからビルドアップ、縦パスが特徴です。今シーズン、愛媛FCを勝利に導ける選手になれるよう、覚悟をもってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」



前野貴徳選手
「こんにちは。アルビレックス新潟から加入しました背番号5番、ディフェンダーの前野貴徳です。6年ぶりに愛媛に帰ってきたことを嬉しく思いますし、強い気持ち、覚悟をもって戦いたいと思います。よろしくお願いします」

●野澤英之選手
「こんにちは。FC東京からレンタルで加入しました。背番号6番、ミッドフィールダーの野澤英之です。自分の持ち味はパスだと思っているので、そこを生かしながらチームとしても選手としても成長していけるようにしていきたいと思います。よろしくお願いします」



●安藤淳選手
「こんにちは。松本山雅から加入しました。背番号8番、安藤淳です。一生懸命頑張ります!昇格します!以上!」

●池田樹雷人選手
「タイのバンコクグラスFCから加入しました池田樹雷人です。背番号24番のディフェンダーです。自分の特徴は左足のフィードだと思っているので、チームに貢献できるように毎日練習から覚悟をもってやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

●竹嶋裕二選手
「こんにちは。ジェフユナイテッド千葉U-18から加入しました竹嶋裕二です。背番号は25番のミッドフィールダーです。自分のストロングポイントはボールを奪うことやミドルシュートです。愛媛FCに拾ってもらった身なので全身全霊一生懸命プレーして、プロ1年目ですけど、関係なく思い切り楽しんでやりたいと思います。よろしくお願いします」

●上原慎也選手
「皆さんこんにちは。北海道コンサドーレ札幌から加入しました背番号26番、上原慎也です。自分の特徴としてはヘディングの強さとスピード感溢れるプレーだと思います。ロングスローもそこそこ投げれると思うので、投げれる機会があればどんどん投げていきたいと思います。今年の目標はJ1昇格です。チーム一丸となって頑張りますのでよろしくお願いします」

【チームスローガン発表】



●村上忠社長
「間瀬監督が本来は掲げるべきことなのかもしれませんけど、会社、チーム一丸となったスローガンを考えて欲しいということで私が考えました。『反攻追撃』。困難に遭った時、あるいは強敵に遭った時、必ず攻撃するタイミングが来る。そこを逃さず攻める。そして最後のアディショナルタイムの笛が鳴るまで攻撃を続ける。最後までやり切るという追撃と付けました。会社のほうでも成果が出るまで仕事を頑張り続ける、最後までやり切るというチーム、会社一丸となったスローガンを掲げています。攻撃的スタンスを置いている間瀬監督を表した言葉だと考えています。(言葉の組み合わせで)反撃、攻撃、追撃と3つ並びますので、きっと良いチームになるのではないかと考えています。このスローガンをもとに今年一年、今シーズンを戦い続け、会社もより良い経営を目指してやっていきたいと思っております。以上です。よろしくお願いします」

【質疑応答】

Q:今シーズンのチーム編成について聞かせてください。

●村上忠社長
「今シーズンは昨年度の戦いぶりの見据えて強化部長と編成をおこなってきたつもりです。昨年は強みと弱みがはっきりと出たシーズンだったと思います。攻撃に一歩前に踏み出した。そのために過去最高の得点力を出すことができた。しかし、後半戦になり、ディフェンスで隙を突かれる形になり、過去最高の失点数になってしまった。いわゆるセットプレーで愛媛に有利に働くことが比較的少なかった。そういうのを踏まえて、新加入にはそれらを補ってくれる選手を考えて構成してきたつもりです。そういう意味では攻撃に行くスタンスはそのままに、ディフェンス力の強化。あるいはセットプレーによる優位性の追求を中心に編成をおこなってきたつもりです」


Q:各ポジションに背の高い選手が加わった印象だが、それらはセットプレーを含めたウィークポイントを補う意味があってのことか?

●児玉雄一強化部長
「先ほど社長がおっしゃったようにセットプレーはひとつの課題であったと思います。その中で高さというのは愛媛の歴代で考えてもあまり強みではなかったと思うんですど、それをひとつ改善したいと思っていました。そこで守備においての高さは必要ですし、攻撃の部分で言えば高さプラスキッカーの精度が必要。そういう意味ではその上積みをしてくれる選手がしっかり揃ったと思います。高さだけを狙って増やしたわけではなくて、今季加入してくれた選手というのは愛媛FCが今後J1を目指していく上で、J1のピッチに立った選手が多く加入してくれたと思っています。トレーニングからJ1の基準を持った中で日々競争しながらチームを積み上げていければ。本当に多く経験を持った選手が加入してくれましたし、今のJ2を考えた時に同じカテゴリー同士の移籍も活発な中、その一手先、二手先を見た若い選手に来ていただいたと思います」


Q:昨季は『速戦力』というスローガンを掲げてきましたが、今季は新たなスローガンのもと、どのような練習、やり方をやっていくのか?

●間瀬秀一監督
「まず昨年のスローガンの速戦力というものは、ピッチ上で体現したい攻撃のところが大きかったのですけど、そこが出せた部分は今季も継続したいと思っています。ただ、攻撃の部分だけでなく、後半だったり最後の瞬間まで攻め続ける姿勢は社長は考えていただいたと思いますので、今季はしっかりと継続していきたいと思います。緻密さとバリエーションで言えば、先ほど社長が言っていただいたとおり、強みと弱みがハッキリした部分を、特に守備面で言えば緻密さが、まず私自身が見つめたときに必要だと思っています。そして攻撃を考えた時にも、昨季の得点数もありましたが、それも相手は分析をしますし、サッカーというスポーツ自体も進化しますので、今季はさらに攻撃のバリエーションが必要だと思い、用意をしています」


Q:会社としても攻撃的な姿勢を見せたいと言っていたが、具体的には?

●村上忠社長
「例えばスタジアムの使い方。今季新しくしましたメインスタンドとバックスタンドを中心にサポターの応援をしやすいようにしました。逆にその空いたスペースをどう使うか。2万人入るスタジアムを昨年の平均で言うと3860人という数字だったと思いますけど、空いたスペースがたくさんある。そこをビジネス的にどう利用していくかはこれから大きく考えていくべきだろうと。集客というものを、ただ人をかき集めれば良いのではなく、もちろんサッカーを中心に見に来るのだけれども、来たいという楽しさを追求する超ライトな人たちにもこのスタジアムにもまず足を運んで、そしてゲームを楽しんで、ゲーム以外のところでも楽しみを演出できるようにと会社としては目指したいんです。ホームは21試合あるので、21のイベントをする覚悟で。全部できるかはこれから準備をしてまいりますけど、昨年は4つくらいしかイベントらしいイベントができていないと。そこはシーズン前から予定を組んで多くのイベントでサッカーの試合を盛り上げる形で追加していきたい。スタジアムにいた人たちが自分が予想していたよりもさらに満足を得て帰れるということを会社として社員一丸となって目指したいと考えています」


Q:新加入選手9人を加え、全24選手とコンパクトな陣容だが、開幕までに追加で補強を考えているポジションなどがあれば教えてください。

●児玉雄一強化部長
「チームの選手の人数ですけど、昨年はおそらくフィールド21人でスタートしていたと思います。シーズンが終わったときにGKを含めて26名体制だったと思いますけど、もちろん一昨日からシーズンをスタートさせて、開幕に向けて活動をしていく中で、チーム状況を見ながら分析し、監督とも相談し、常に検討してやっていきたいと思っています。(移籍)ウインドーは3月の末まで開いていますし、そのあとも育成型の期限付き移籍もできます。チームはやはり生き物なので、その状況を見ながら常に検討をし、詰めていきたいと思っています。今の人数がJ2の中では少ないと思いますけど、やはりチームのゲームのことだけを考えれば、ピッチに立つのは11名ですし、ベンチにも入れるのはフィールドで16名。今いるメンバーは力になってくれる選手が揃っていると思うので、特には人数が、ということに関しては気にしていません。チームの状況を考えてやっていきたいと思います。あと、愛媛FCもアカデミーを持っています。そこの選手たちの成長も考えて、U-18の選手も積極的に練習に参加させながら彼らの成長にも期待して、いずれトップチームに上がって活躍してくれることを望んでいます。そういう意味ではU-18の選手にとっては成長の機会の場としてクラブ全体としては考えています」


Q:昨シーズン以上に団結していくために何か仕掛けを考えているか?

●間瀬秀一監督
「仕掛けはないですけど、コミュニケーションが大事だと思っています。私自身、一人一人のことを考えたコミュニケーションが広く広がれば良いなと。私は自分に目を向ければ私発信ですけど、その思いを選手、スタッフ、サポーターの皆さん一人一人が声を発して、声をかければコミュニケーション、そして団結は強くなっていくと思います」


Q:昨シーズンの具体的な反省点を聞かせていただきたいのと、今季はどのように変えていきたいのか教えていただけますか?

●間瀬秀一監督
「具体的に言うと(対策や弱点が)バレますよね。練習を見にきてください」


Q:ベテラン選手の加入も目立っているが、それらベテランに監督が期待するものは?

●間瀬秀一監督
「もう練習が始まって2日経ちました。安藤選手はまだ2日だと言ってますけど、僕はもう2日経ったと思います。この2日で新加入のベテラン選手の頼もしさを感じていることがあるわけですけど、それでもまだ2日なので、プラスに考えれば今後に積み上げていくことがたくさんあるはずです。私自身が考える戦術もそうですし、ピッチ上で戦う意思や時には頭脳も必要です。そういうものを持った人間がピッチ外ではなく、ピッチ上にいるといことが本当に大切ですから、そういうことを期待しています」


Q:キャンプは例年どおりないのか?また、開幕戦に向けてどんなサッカーをしたいか?

●間瀬秀一監督
「シーズン前の流れは本当に昨年と同じ流れになっています。ひとつ違うのは練習試合の数はかなり少なくなっています。その分自分たちの練習の中で攻守の戦術をみんなでしっかりと築き上げたいと思っています。そういう意味では昨年と同じ開幕戦になったわけですけど、昨年と簡単に比べることができる中でやはり、選手がやっている中でも喜びと誇りを感じ、そして見ていただいている人たちにも喜びと誇りを感じてもらえるようなサッカーをしたいと思っています」


Q:集客人数など営業面での目標は?

●村上忠社長
「やはり平均で5,000人は超えたいと思っています。5,000人を超える魅力を我々が持たなければいけないと思っています。5,000人を無理矢理に集めてもそれではない意味のないことですし、来たいと思う人たちの数が5,000人を超えることを考えております」

以上




J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで愛媛のホームスタジアム「ニンジニアスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報