【2018シーズン始動!】讃岐:新加入選手発表会での出席者コメント(2)

2018年1月14日(日)

1月14日(日)、讃岐の2018新加入選手発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------

2018新体制発表会での出席者コメント(1)はこちら!



【質疑応答】

Q:北野監督が若い選手に期待するところは?

北野誠監督
「まず、中島からも言いましたように今までのカマタマーレ讃岐は、J2への昇格、J2への残留が目的だったので実績のあるベテラン選手を揃えたというのが現実でした。そうなるとどんどん選手が年を取って、J2で5年目を迎えるにあたって、次の8年目、10年目を見据えた時のクラブのためにも若い選手が新しいサッカーというか新しい魅力というかそういうところを考えて、若くてもスキルの高い10代、20代の選手を中島にリクエストしました。荒堀の場合は2年越しのオファーでした。この選手たちで今までとは違ったサッカーが出来るのかなと思います。以上です」

Q:新加入選手へ。それぞれのストロングポイントは?

濱口草太選手
「自分のストロングポイントはシュートとドリブル。自分は身長も高くないしスピードがある選手でも無いので、その分個人の技術をアピールポイントとして頑張って行きたいです」

鈴木拳士郎選手
「展開力と球際の強さだったり。大学4年間では特に球際の部分を意識してプレーして来ました」

パク チャニョン選手
「ヘディングと一対一の守備です」

ソン ヨンミン選手
「大きな身長と強い力です」

荒堀謙次選手
「ユーティリティさというか、経験値も踏まえて幅のあるプレーをアピールしたい」

重松健太郎選手
「キープ力と長い距離からでも狙える直接フリーキックです」

佐々木渉選手
「ゴール前でのプレーを見てもらえたらと思います」

佐々木匠選手
「僕も同じようにゴール前のアシストやゴールなどの結果を見ていただければ嬉しいです」

麻田将吾選手
「センターバックなので、一対一の守備や粘り強さとか左足のキック。あとはヘディングの強さも見て欲しいです」

Q:北野監督に。各選手に期待しているのは?

北野監督
「一人一人じゃなくてみんなそうなんだけど、たとえばシミケン(清水健太)だったり岡村、高木、永田、前だったら原とセンターには今までの基本の選手が残ったので、そこのサイドだったりゴール前だったり、軸となる選手と一緒に動くか、もしくはその選手たちを脅かす活躍をして欲しいと思います」

Q: 選手に。讃岐の印象と具体的な今年の目標は?

濱口草太選手
「まず守備からという印象です。まず試合に出る事です」

鈴木拳士郎選手
「印象はハードワークというところです。目標は開幕から試合に出られるように頑張ります」

パク チャニョン選手
「みんなで守備を頑張るチーム。出来るだけ試合に出て勝てるように頑張る事です」

ソン ヨンミン選手
「去年より高い順位にあげる事です」

荒堀謙次選手
「対戦して、すごくやりづらい印象です。目標は試合に出て、勝利にしっかり貢献する事です」

重松健太郎選手
「やりづらい印象です。目標は怪我せず、まずは怪我せず1年間全力でやれればいいなと思います」

佐々木渉選手
「守備からハードワークする印象。1年間怪我なくチームのためにできたらと思います」

佐々木匠選手
「攻守両面でハードワークするチームという印象。今の目標は開幕戦で勝つ事だけを考えています」

麻田将吾選手
「ハードワークが一番強いです。より多く試合に出てカマタマーレ讃岐の力になる事です」

Q:北野監督へ。今年で讃岐の監督として9年目ですが、今までと違った今年はこうやりたいというものはあるか? 

北野監督
「監督の最長期間が偉いワケでもありませんし、いい監督でもないと思いますけど、毎シーズン、毎シーズンそうなんですけど、終わっていろんな方と話をしたら「すごいね」と良く言われます。この環境、この戦力でよくJ2で残留できるね。すごいねと。香川県では全く評価されずに「監督やめろ」とか言われるんだけど、東京とか大阪でサッカーの話をするとみんな褒めてくれる。でも今年はそういう評価はいらないなと思います。今季は、やりたいサッカーをやらなければいけないと思う。今までは昇格と残留しか無かったんで、それよりも自分の持っているものをもっともっと出さなければいけないなと。いろんな人と話して今思っているところです。今日加入したこの選手たちと実現していきたい。具体的な目標は、去年は夢を見ちゃって現実にびっくりしちゃったんで、あまり夢を見ないで現実を見据えて、ブレないように毎日、1日1日をしっかりトレーニングしてその都度その都度いい試合をして勝ち点を積み上げていきたいです」

Q 佐々木匠選手と麻田選手にお聞きします。2020年の東京五輪への想いとそのためにカマタマーレ讃岐で何をしていかなければいけないかについて。

佐々木匠選手
「移籍をした理由もオリンピックを見据えた部分もあるが、移籍したからにはこのチームの勝利のために自分は貢献していかなければいけないと思っていますし、それが代表に選ばれる一番の近道だと思っている。まずはチームのためにというのを心がけてやっていきたいです」

麻田将吾選手
「12月に代表でタイに行って思ったのは試合にでなければ成長できないなという事です。強い気持ちを持って努力しないと讃岐でも試合に出るのは難しいと思うので、まずはここでしっかり試合に出て、アピールすることで代表に呼ばれればいいかなと思っています」

Q:川村社長へ。J2に参入して5年目ですが、チームの成長は日々の練習と試合で結果を出していただきたいと思います。クラブとしては、今シーズンどういったビジョン、方向、進化を遂げたいという思いがありますか?

川村延廣代表取締役社長
「質問ありがとうございます。12月の株主総会以降、カマタマーレ讃岐の運営に携わっておりますが、はっきり言って勉強中。いろんな知識を頭に入れようとしています。日夜という言葉もありますが、寝られないくらい知識の習得に務めています。サッカーについてもオンチですので。後援会の会長も5年近くさせていただいて、外からですが讃岐については一定の知識はありました。ただ昨年いろんなところで皆さんの書いた記事を拝見しても、まだ環境が整っていないということが切実ですので。私としては監督や選手の方が練習と試合に邁進できる環境を作るための努力をしたいと思います。株式会社としても利益をあげなければ存在価値が無いので、スポーツがビジネスとして成り立つような一歩を踏み出すようにやっていきたい。会社全体の力が必要ですが、なかなか少ない人数でパワーアップも難しいですが、目標は見失わず道筋をつけるために頑張りたい」

Q:川村社長へ。5年目に向けて、クラブハウスが隣接した専用練習場の確保については?

川村社長
「昨年度、練習場整備という事で私が後援会会長時代に高松市へ練習場の整備に関する要望書を提出しましたが。それがいろんな事情で出来上がっていません。昨年末、高松市に挨拶にお伺いしたときに協力していただけるとは伺っていますので、色々と情報を集めている最中です。現状でお話しできるのはそこまでですが、よろしいでしょうか」

以上
 


J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで讃岐のホームスタジアム「Pikaraスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)

移籍情報