【2018シーズン始動!】山形:キックオフイベントでの出席者コメント(2)

2018年1月14日(日)

1月14日(日)、山形の新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



モンテディオ山形2018新加入選手公開記者会見が天童市の山形県総合運動公園アリーナで行われた。昨シーズンまではキックオフイベントに先立ち単独で行われていたが、今シーズンはキックオフイベント内で、約2,000人のサポーターが見守る中でのお披露目となった。

キックオフイベントでの出席者コメント(1)はこちら!

【質疑応答】

Q:木山監督のイメージとして、個に頼るのではなく、どちらかと言うと連係、連動で攻撃を組み立てていくというイメージがあったんですが、今回、ブラジル人選手を3人も加えて、いままでの監督が作り上げてきたチームでどう監督の戦術の中で活かしていくのかなというのが非常に興味深いところでもあるんですけども、ブラジル人選手をどうやって活かそうというところを少し教えてください。

●木山隆之監督
「もちろんサッカーは11人でやるので、当然、選手たちがピッチの中で連係を作らなきゃいけないし、連係があるチームが当然強いと思います。ただ、その中でより個人の能力が高い選手が入ることで、より連係が高まると思いますし、その連係から生まれるゴールだとか、個人で守れることだとか、個人でゴールを取れることだとか、個人でチャンスを作れることが加わることで、よりチームは高いレベルに行けると思うので、そのために昨年、チームとして攻守をやるということを徹底してやってきたつもりなので、そこに彼らが入って、必ずいい結果に導いてくれると思っています」

Q:中村選手に質問です。今年、ズバリ何点得点したいか、目標を。それと、千葉県出身ではあるんですけども、青森山田高校から今度は山形ということで、東北という地域への思いも聞かせてください。



●中村駿太選手
「自分はまだまだプロの世界で戦ったことがないので、具体的な数字というのは決めてはいないんですけど、まずは試合に出ないと点も取れないと思うので、しっかりと監督に使ってもらえるように監督にアピールしてから、もし試合に出るチャンスがあれば積極的にゴールを狙っていきたいなと思います。自分は青森山田高校に去年1年転入させてもらって、素晴らしい経験をさせてもらったので、今年所属するチームも同じ東北だということで、何か縁があるのかなと僕の中で思ってるので、青森の方だったり山形の方すべてに恩返しができるような、活躍している姿を見せられればなと思います」

Q:皆さんにうかがいたいのですが、見てほしいプレー、自分の武器をうかがいたいのと、個人的な目標、数字があればそれぞれ教えてください。

●射庭康太朗選手
「個人的な目標というよりは、まず練習から、自分的にはチームに影響を与えられるような選手になって、チームがJ1昇格してくれたら僕が加入した意味もあると思うので、そういうところだと思っています。見てほしいプレーは、練習場でサポーターの方とかが応援できないところで、僕の声がグラウンド中に響いているようなところを注目して見てほしいと思います」

●坂井達弥選手
「僕は左利きなので、左のロングフィードだったり、左足のキックを見てもらいたいです。目標は今シーズン、チームでJ1に昇格するというのが目標なんですけど、個人では、チームが向上心を持てるように、僕自身もそうですけど、1年間いいときも悪いときも向上心を持てるようなコーチングだったりプレーをやっていければいいかなと思います」

●北川柊斗選手
「僕のプレーの持ち味は、ゴールへの推進力とシュートの技術です。僕、名前が柊斗(シュート)というんですけど、シュートというところ、ゴールへ向かっていくプレーは注目して見てほしいなと思います。目標としては、まずは試合に出ること。その中で、二桁取ります」

●熊本雄太選手
「僕の特長は、身長が高いので空中戦であったりフィジカルの面が特長です。今シーズンの目標としては、まずは1試合でも多く試合に出場してチームの勝利に貢献することが目標です」

●中村駿太選手
「僕の特長は、いまこのチームにいるフォワードの方たちは全員背が高くて、僕がそうじゃないというところで、けど、この身長だからやれることだったり、生き残る術というのを高校3年間のサッカー人生で身につけてきた自信があるので、ゴールに向かう姿勢だったり、ゴール前で決定的な仕事をするというところはしっかり増やしていきたいなと思います」

●櫛引政敏選手
「見てもらいたいところは、ゴールキーパーなのでシュートストップはもちろんですけど、ロングボールが結構飛ぶので、そういう距離での驚きを感じてもらえるかなと思うので、そこは見ていただきたいなと思いますし、目標はまずしっかり試合に出ることと、多くの試合で勝ち点3を取ることなので、そのためにはゴールキーパー陣での競争をしっかりして、切磋琢磨して成長していって、より多くの試合に出たいと思います」

●松本怜大選手
「僕はサイドバックなので、サイドでの1対1の部分だったり、攻撃参加して最後クロスを上げる部分です。目標は、まだプロになって年間通して複数得点を取ったことがないので、サイドバックですけど得点も狙えるようなプレーを心掛けて1年間頑張っていきたいと思います」

●小林成豪選手
「特長はスピードに乗ったドリブルです。目標は、毎試合しっかり試合に出て、得点やアシストできるように頑張りたいと思います」

●フェリペ アウヴェス選手
「特長は決定力です。ゴールを決めることを得意としています。みんなの力を合わせて、みんなからたくさんパスをもらって、たくさんゴールを決めれるように。そうしたら自動的にJ1も見えてくると思います。個人の目標は、みんなの力で得点を狙うことです」

●アルヴァロ ロドリゲス選手
「個人の特長は、左利きなので視野が広くてワンツーとかドリブルのスキルを見てほしいと思います。目標は、なるべく日本の文化、日本のサッカーに慣れることを一番の個人の目的にしています。チームの目的は、みんな望んでいるように、J1昇格できるように、そうなるように頑張ります」

●三鬼海選手
「特長はビルドアップだったり、つなぎの部分です。個人の目標は、怪我をしないで1年間、試合に関わり続けることです」

Q:坂井選手にお話をお聞きしたいのですが、まずはご結婚おめでとうございます(1月1日に入籍)。結婚されて、これまでおもに九州でプレーされて、今回初めて東北でプレーされますが、そちらについての意気込みと、今回の移籍に関して奥様はどのようなことを言われて、どのような後押しがあったのかを教えてください。

●坂井達弥選手
「寒い地方に来るのは、松本にいたので2回目なんですけど、東北は初めてで、引っ越しとかもすごい遠くて、雪もすごくてびっくりしたんですけど、こういう寒い地方をプレーとかで熱くできるように頑張ります。奥さんは全面的にサポートしてくれるみたいなので、4月までは仕事で九州にいるんですけども、4月からは一緒に済んで一緒に戦ってくれるので、僕自身もすごい心強いです。頑張ります」

以上



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで山形のホームスタジアム「NDソフトスタジアム山形」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報