【2018シーズン始動!】富山:新体制発表記者会見での出席者コメント(2)

2018年1月15日(月)

1月15日(月)、富山の新体制・新加入選手記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------
新体制・新加入選手記者会見での出席者コメント(1)はこちら!


【質疑応答】
Q:昨季に引き続き浮氣監督が指揮することになった理由は。
●森野弘樹社長
「昨季は前半戦でずっと2位をキープした。J3での3年間のうち最も良い成績だった。一方、後半戦の悔しい思いもかみしめている。反省、課題を認識でき、チームの構成についても弱みを強みに変えられるのではないかと考え、2年目もお願いした」

Q:これまでにない大幅な選手の入れ替えがあった。強化のポイントは。
●浮氣哲郎監督
「昨季の1年間を戦ったうえで今季を考えた時、とにかく特長のある選手を獲得してほしいと要望し、この選手たちに集まってもらった。それぞれ選手にいろいろな特長をもっており、これからのシーズンで見てもらいたいと思う。各選手が自分の良いところを最大限に引き出しながらチームに適応していくことを望んでいる。

これだけ多くの選手が入ってくれたので、チームとしてもある程度はつくり直さなければならないが、昨季から在籍する選手にはベースがあるので、新加入選手にも伝えてもらい、また新たなチームをつくりたい。その作業を楽しみながら強いチームをつくっていきたい」


Q:新加入選手のみなさんに、自身のストロングポイントと、ニックネームの希望があれば教えてください。
●佐藤和樹選手
「カズキと呼んでください。アピールポイントは、去年の長野戦のFKの映像をみてもらえば分かると思いますが、左足のパンチ力が売りです」

●太田岳志選手
「ずっとガクと呼ばれてきたのでお願いします。自分の売りは身長を生かしたプレーや、足もと、アグレッシブさ。そこを見てもらえたらと思います」

●今瀬淳也選手
「イマセと呼ばれてきたので特にありません。アピールポイントはロングスロー、右足でも左足でもロングフィードができるところです」


●楠元秀真選手
「シュウマでお願いします。アピールポイントは、見ての通り背が高いので、それを生かしたプレーを見てほしいです」

●谷奥健四郎選手
「タニでお願いします。ヘディングが武器なので、守備もそうだし、攻撃のセットプレーで得点に絡んで貢献していきたいと思います」

●弓崎恭平選手
「ユミでお願いします。アピールポイントは左右のどちらのサイドでもプレーできることです」

●新井瑞希選手
「ミズキでお願いします。ドリブルが得意なところがアピールポイントです」


●稲葉修土選手
「イナでお願いします。運動量とボール奪取がアピールポイントです」

●川上エドジョン智慧選手
「エドと呼ばれていましたが、名前が長いのでみなさんの好きな呼び名でお願いします。自分の長所は縦への突破、スピードを生かしたプレーやドリブルがアピールポイントです」

●差波優人選手
「サシでお願いします。特長はサイドチェンジやミドルシュートです」


●前嶋洋太選手
「ヨウタでお願いします。アピールポイントは90分間ずっと動き続けられるところです」

●遠藤敬佑選手
「基本的にはケイスケですが、エンクン、エンサンと呼ばれることもあります。FWとして得点にこだわってやっていきたいです」

●才藤龍治選手
「リュウジでお願いします。身体能力が売りで、前のポジションでも後ろのポジションでもプレーできるのが良さだと思います」

●瀧谷亮選手
「タキヤ、タキクン、リョウ、どう呼んでもらってもよいです。プレーの特長は前線でしっかり体を張れるところ。運動量も多いと思っているので、そこらへんを生かしていきたいです」

●ルーカス ダウベルマン選手
「ルーカスと呼んでください。自分の特長はボールを動かすところや、ボール奪取力です。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで富山のホームスタジアム「富山県総合運動公園陸上競技場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)

スタジアムナビ