【2018シーズン始動!】C大阪:新体制発表会見での出席者コメント(1)

2018年1月15日(月)

1月15日(月)、鹿児島の新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------


●玉田稔 代表取締役社長
「皆さん、こんにちは。去年に比べると、メディアの方の数がちょっと増えているかなと思います(笑)セレッソ大阪、昨年は非常にいい成績を残すことができました。これも、ファン、サポーターの皆様、ヤンマー、日本ハムを始めとしますパートナー企業、スポンサー企業、多くの方々のご支援をいただいたおかげだと感謝しております。メディアの方々にも、いろんな場面でたくさん報道いただき、ありがとうございます。今年も引き続きよろしくお願いいたします。

先ほど、9時半に選手全員が集まりまして、今年の方針を説明してきました。私が社長に就任したのは2015年なんですけど、そこから方針は、基本的に変えていません。「サッカー、チームの主人公は、サポーターと選手にある」ということです。チーム力というのは、クラブ、会社を含めた“オールセレッソ”の力を向上させることが、チーム力の向上につながるのではないかと思っています。それと、就任の時にもお話ししたことがあるんですけど、やはり、全社員、全関係者が同じ方向を向いて、一つの目標に向かって力を合わせてやることによって、その目標が達成できると考えておりますので、そういったところを選手、監督に説明させていただきました。今年の目標なんですけど、なかなか昨年度の成績が良かったものですから、数字として具体的に申し上げるのは難しいかなというところもあるのですが、2020年にキンチョウスタジアムを桜スタジアムに改修するプロジェクトをやっておりまして、その時点ではACLに出場して、常時タイトルを争えるチームにしていきたい、という目標がございました。なので、少し早いタイミングでACL出場ということが掴めましたし、念願の初タイトルも獲得しました。今年の目標としては、3つというか、2つの目的と1つの手段のようなお話になるかと思います。

まず、最終目標としては、今シーズンがそうであるように、来シーズンも、必ずACLに出場したいということです。ACLに出場するということは、イコール、リーグでは3位以内ということと、天皇杯のタイトルを取ることになってきます。従って、ACL出場を目標の一つに置きながら、もう一つは、ルヴァンカップ、リーグ戦、天皇杯、ACLと4つのタイトルにチャレンジする機会を与えていただきましたので、この4つに真摯に取り組んで、チャレンジャーとして取り組みたいと思っています。昨年、タイトルを2つ取れたんですが、振り返ってみますと、1試合1試合の積み重ねでタイトルにつながったと思います。今年もこの2つの目標を果たすために、1試合1試合、チーム全員、さらには冒頭に申し上げましたように、クラブ、会社も含めて、個々の選手の頑張りを引き出すような組織としてチャレンジしていきたいというのが今年の目標です。監督、大熊部長の方から補足や説明もございますので、私からのご挨拶と目標は以上にさせていただきます。本年も引き続きよろしくお願いいたします」


●尹晶煥 監督
「皆さん、お久しぶりです。去年1年間、本当にいい成績を出すことができましたので、そういった責任を、また今年、負うことになると思います。今年1年、困難なシーズンになると思います。先ほど社長のお話にもあったように、チームの方針、目標は、選手、スタッフが共有しながら、去年在籍していた既存の選手と、後ろにいる新加入の選手を含めて、もう一度挑戦する心を持ちながら、挑戦者として挑んでいきます。タイトなスケジュールの中で、間違いなく厳しい局面は来ると思います。選手、フロント、スタッフが一心同体となりながら、もちろん、皆さんも一緒に参加していただければ嬉しいです。厳しいシーズンを皆で解決することができるならば、絶対にいい結果が出ると思います。私たちセレッソ大阪というチームが、アジア、世界に羽ばたこうと、名を轟かそうとしています。去年、その基盤を作り上げたと思います。今年、それを引き継ぐことができれば、チームとしてまた発展していけると思います。その部分を理解しながら、今年も指揮していこうと思っています。たくさんの方にスタジアムに来ていただけるように、いい結果、たくさんの楽しさを提供できるように最善を尽くしたいと思います」


●大熊清 チーム統括部長
「本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。また、昨シーズンは、スポンサーの皆様、サポーターの皆様、そして、我がチームのように喜んでいただいたり、悔しがったりしていただいて、毎日グラウンドにも足を運んでいただいた皆様には心より感謝しております。今年の目標にも掲げていますが、一喜一憂というか、チームに入り込んで取材、応援していただいたことに、心より感謝申し上げたいと思います。初優勝や二冠を取れたのも、そういう力があったからだと思いますので、今シーズンもぜひ一緒に戦っていただければと思っております。

新加入選手に関しましては、組織、チームは継続と変化が必要だという中で、どのようにアジア、世界に通ずるかという視点で、尹監督と編成会議を何度も行いまして、今季のチーム編成になりました。その中で、セレッソに合う選手、性格的、人格的、プレー的にも個性がある選手、セレッソに新しい風を吹き込んでくれる選手、尹監督も言っている、競争と結束のできる選手というところで、いろんな面で話をして、プレーも見ながら、獲得を決めさせてもらった経緯があります。今までのセレッソが築き上げたモノも大切に、新しい風を吹き込んで、4つのタイトルに向けてチャレンジする中で、尹監督を中心にまた新たなセレッソができると思います」


●ヤン ドンヒョン選手
「初めまして、ヤン・ドンヒョンと申します。1日でも早くチームに慣れて、チームに貢献できるようにしたいと思います。そして、この場にもたくさんの方が来られていますが、皆さんの期待にも応えることができるように、日々、頑張っていきたいと思います。チームが望んでいる結果を達成できるように、少しでも力になることができればと思っています。よろしくお願いします」

●高木俊幸選手
「浦和レッズから来ました、高木俊幸です。チームの勝利に貢献できるように、去年より一つでも多くのタイトルが取れるように頑張りたいと思います」



●片山瑛一選手
「ファジアーノ岡山から来ました片山瑛一です。クラブの目標達成に向かって、日々、精進していきますので、よろしくお願いします」

●田中亜土夢選手
「ムーミンの国からやってきました、田中亜土夢です(場内笑)タイトルを取るためにやってきました。これまでの経験を、ここでしっかり出したいと思います。よろしくお願いします」

●チャウワット ヴィラチャード選手
「チャウワットと申します。バンコク・グラスからやってきました。セレッソにとっていいシーズンになるように、私も頑張ります」


●永石拓海選手
「福岡大学から加入しました永石拓海と申します。セレッソ大阪を応援して下さる全て方々に感謝しながら、精一杯プレーしていきたいと思います」

●安藤瑞希選手
「長崎から来ました、安藤瑞希です。できるだけ早く試合に出て、自分も得点を取って、スタメンの座を勝ち取って、年齢は関係ないというところに自分からどんどん挑戦して、自分でもぎ取りたいと思います。頑張ります」

●中島元彦選手
「C大阪U-18から昇格しました中島元彦です。底辺からのスタートになるので、這い上がれるように頑張ります」

●山田寛人選手
「C大阪U-18から昇格しました山田寛人です。まずはJ3で二けた得点を目標として、J1の舞台でも多く出られるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

●魚里直哉選手
「関西学院大学から加入しました魚里直哉です。ユースで育ったこのクラブに戻ってくることができて、大変うれしく思っています。早くチームの勝利に貢献できるように、精一杯努力していきます」

●渡邉翔 フィジカルコーチ
「今シーズンからフィジカルコーチに就きます渡邉です。よろしくお願いします。チーム、選手のために全力でサポートしたいと思いますので、よろしくお願いします」

●巴山仁 通訳
「監督通訳の巴山仁と申します。チームの目標のために最善を尽くしたいと思いますので、よろしくお願いします」

新体制発表会見での出席者コメント(2)はこちら!


J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビでC大阪のホームスタジアム「ヤンマースタジアム長居」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)

スタジアムナビ