【2018シーズン始動!】C大阪:新体制発表会見での出席者コメント(2)

2018年1月15日(月)

1月15日(月)、鹿児島の新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------
 ☆新体制発表会見での出席者コメント(1)はこちら!


【質疑応答】
Q:昨シーズン、間近で選手たちの成長を感じられたと思います。それでもまだ足りない部分もあると思います。今年の成長をどう期待していますか?
●玉田稔 代表取締役社長
「足りないものというか、皆さんもご承知の通り、今までセレッソは、優勝争いをした翌年はあまりいい成績を残せないというジンクスがあります。ただ、セレッソにはこれまで数々のジンクスがあったのですが、昨年、ほとんど打破しましたので、今年もそういうジンクスを打破すべく、ああいう目標を掲げました。選手たちには、より強い気持ちを持って欲しいとお願いしているのですが、もし足りないものがあるとすれば、強い気持ちだと思います。監督以下、明日からキャンプに入りますが、チーム全員が共通認識を持って、強い気持ちで戦ってくれることが最大のポイントかなと考えております」


Q:今季の補強のポイントとして、前線の選手が多いかと思いますが、何か意図はありますか?
●大熊清チーム統括部長
「ヤン ドンヒョン選手、安藤(瑞希)選手もそうなんですが、ACL出場に伴って、今季は4つのタイトルにチャレンジできます。ただし、中2日であったり、過密日程でもあります。そういうチャレンジをする中で、守ることもそうですが、高いレベルで点を決めることは、ある意味素質であったり、タイプがあると思います。その辺は、十二分に尹監督とも確認をした上で、獲得を決めました。試合は11人しか出られません。チームというところで、競争と結束ができることも大事でした。国内でもACLでも、タイトルを狙うという意味では、前線の選手の素質、得点を入れる能力と人間性を重視しました」


Q:去年はJ2から昇格して、チャレンジャーとして挑んだシーズンだったと思います。二冠を取って、今年は追いかけられる立場になったと思います。今年もハードワークがベースになるとは思いますが、どんな戦いを考えていますか?
●尹晶煥監督
「まず、今までやってきたことに変化はないと思っています。去年、いい成績を残したので。ただ、慢心が体に染み付いている可能性もあるのですが、早くそこから脱却することが大事だと思います。先ほどもお話したのですが、既存の選手と新加入の選手が、いかに早く溶け込めるかも大事です。タイトなスケジュールはみんなで克服するものだと思います。去年のようにするのかということは、蓋を開けてみないとわからないところもあるのですが、上を目指します。去年、二つタイトルを獲得したのですが、それをキープすることも大事です。自信を持って、慢心しなければ、十分、我々の選手たちは頑張ってくれると考えています」


Q:新加入の選手に質問します。外から見たセレッソの印象と、今季、そのセレッソでどんなプレーで貢献したいですか。
●ヤン ドンヒョン選手
「去年、セレッソ大阪の試合を見ながら、すごく闘志を持って戦う印象を受けました。そして、選手個人、個人の能力も高いレベルだと感じました。チーム、監督が何を望んでいるのかを自分で考える時間も持つことができました。僕がどういう風にやっていけばいい成績を挙げることができるか、日々考えながら、精進していきたいと思います」

●高木俊幸選手
「去年、対戦したり、試合も最後の方の天皇杯を見させてもらいましたけど、まずやっぱり、ハードワークがしっかりできるチームという印象です。その中で、選手の個人、個人が持つ上手さやアイデアがあると思います。ハードワークという部分では、自分は正直、まだまだ足りていない部分だと思うので、このチームでプレーするからには絶対にできないといけない部分だと思います。その先の攻撃の部分は、しっかり自分の持ち味を出して、チームのアイディアの中に早く溶け込めるように努力したいと思います」

●片山瑛一選手
「僕は2年前のJ1昇格プレーオフでセレッソと戦った身なので、その時のすごく悔しかった気持ちは残っているのですが、それと同時に、スタジアムの素晴らしい空気感や、クラブとしての素晴らしさを感じています。そういった中で、昨年はタイトルを獲得して、個の力も高く、ハードワークもする素晴らしいチームだと思っています。僕の特徴でもあるハードワークで、さらに競争し合えればいいなと思います。癖は強いですけど(笑)ちょっとロングスローも投げられるので、そこも見ていただければいいかなと思います」

●田中亜土夢選手
「ムーミンの国から試合を見させていただきましたけど(場内笑)、すごく闘志溢れるというか、闘えるチームだと思いました。そこで僕もプレーできたらという気持ちもありました。今までの経験をこのチームで出すのはもちろんですけど、僕もそこに加わりたいです。ハードワークできる選手であると自分では思っているので、いいアクセントになればいいなと思っています」


●チャウワット ヴィラチャード選手
「昨年のチャリティーマッチでセレッソと対戦しました。その時もとても強かったです。セレッソには代表選手や強い選手も揃っているので、そういった選手から学びながら、チームに貢献できればと思います」

●永石拓海選手
「自分は去年も練習参加で何度も先輩方にお世話になっていますし、非常にあったかいチームだなと感じています。セレッソの試合は何試合も見ましたが、熱く戦っているところを見て、自分も熱く戦うことが持ち味なので、そういうところをしっかり出して、チームの勝利に貢献していきたいと思います」

●安藤瑞希選手
「自分も練習参加した時に、このクラブはクラブ力があって、選手もスタッフも、支えてくれているサポーターの方々も熱いと感じました。だからこそ、このチームでやりたいという気持ちになりました。だからこそ、早く試合に出て、このチームの底上げというか、下からどんどん這い上がって、スタメンで出て、点を決めて、いいチームを作り上げる一員として頑張っていきたいと思っています」


●中島元彦選手
「僕は小学生からセレッソにいるので、ずっと見てきたんですけど、チームのためにいかにプレーできるかが大事だと思うので、しっかりチームのために行動して、積極的に走って、ハードワークできるように頑張りたいと思います」

●山田寛人選手
「僕も3年間、U-18でやってきて、セレッソのトップチームの練習や試合を間近で見ていたので、憧れの気持ちもありました。そこに、自分の力でいち早く、勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います」

●魚里直哉選手
「ユースの頃からセレッソのことを気にしてきて、僕がユースに在籍していたころより年々強くなっている印象があります。技術、スピード、フィジカル、全てにおいて、J1トップクラスのチームだと思っています。自分の特長はスピードあるプレーなので、攻守において、そういうプレーでチームに貢献できたらと思います」

Q:今日からセレッソ大阪でプロとしての人生が始まります。プロサッカー選手としてどういった選手になっていきたいか。プロサッカー選手としての目標を改めて教えてください。
●永石選手
「自分は日本代表を目指しているので、このJ1トップクラスのチームでしっかり揉まれて、日本代表を目指してチャレンジしていきたいと思います」


●安藤選手
「私生活やサッカー外のところでも、小さい子供たちが見ても、「この選手はしっかりしているな」と思われたいです。サッカーもそうですけど、私生活の部分でもサッカー選手になったからといって変わってはいけないと思っているので、そこは意識してしっかりやっていきたいと思います」

●中島選手
「サッカー選手として、観客やサポーターに認められる選手になって、見ている人が楽しめるようなサッカーができたらいいなと思います」

●山田選手
「セレッソの先輩方で、海外で活躍している選手は多くいるので、自分もその後を付いていけるように頑張りたいです」

●魚里選手
「今年の自分の最初の目標として、トップチームで試合に出る、ということがあるので、そこを達成できるよう、努力していきたいと思います」


J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビでC大阪のホームスタジアム「ヤンマースタジアム長居」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報